答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

北川村温泉前から

2011年12月23日 | 北川村

気がつけば、世の中どうやら三連休のようで、そして今日がその初日。

どうしてそれに気がついたかというと、「北川村温泉ゆずの宿」の盛況ぶりからなのである。


露天風呂の前を、荷物をかついで通る我が社の作業員さん二人。

風呂の中からは歓声が聞こえる。


「冷(ひや)いなあ」

「まっこと、冷いなあ」

「温泉、えいなあ」

「まっこと温泉、えいなあ」

「ひとっ風呂あびて、一杯やりたいねえ」

「ああ、熱燗やねえ」

「うん、熱燗」


時刻は4時過ぎ。北川村温泉あたりまでは、かろうじて陽が差し込んでいるものの、その先、かついだ荷物が行きつく先は、寒風吹きすさぶ河原の上。しかも、まっ裸の崩壊地だ。


「ワシ、今度の休み、ヨメさん連れて来るわ」

「あ、ほんならオレ、オカアチャンと子どもといっしょに来ようっと」

「さ、お仕事お仕事」

「うん、お仕事お仕事」

 

 

 

 ←高知県人気ブログランキング

 ← 高知情報ブログランキング 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加