答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

何と答へむこの酒の味

2011年12月14日 | 食う(もしくは)呑む

大きめのグラスに氷を八分目ほど入れ、半分に割った実生(みしょう)の柚子(ゆのす)の片割れを全部しぼる。そいつへ焼酎を、氷が隠れるほどそそぐ。

水は入れない。

この場合、ベースとなる焼酎は「いいちこ」がイイ。

最近はもっぱら、薄い水割り(2.5:7.5ぐらい)の焼酎を飲む私だから、久しぶりのコイツはかなり効いた。

一杯目より二杯目、二杯目より三杯目、底に残った「ゆのす」は段々と濃くなり、コイツもまた濃厚な味になってくる。

これがまたイイのだ。


それほどにうまきかと人の問ひたらば 何と答へむこの酒の味(若山牧水)

 

 

 

 ←高知県人気ブログランキング

 ← 高知情報ブログランキング 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加