答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

久方の ひかりのどけき - モネの庭から(その130)

2011年11月16日 | 北川村モネの庭マルモッタン

ヒゲさんに借りっぱなしだった、クロード・モネの画集その他。

もっとも、私から自発的に借りたのではなく、「これで勉強せよ」と、半強制的に渡されたものだと記憶しているのだが、いくらなんでも他人さまの所蔵品だ。そろそろ返さないとまずかろうと、北川村モネの庭マルモッタンへ。

「久方の ひかりのどけき モネの庭」てなもんである。

前回の「モネの庭から(その129)」が、7月19日の「台風6号(マーゴン)来る」だから、じつに約120日ぶりの「モネの庭から」。日本一のモネの庭ウォッチャーを自認していた私だが、どうやらこれも返さなければならないようだ。

 

この春につくった小庭園。

うん、いい感じになってきた。

 

 

 

晩秋の雰囲気が漂い始めたモネの庭を、ぶらりぶらりと散策したいのだが、いくらなんでも、業務中の身としてはこれが限度だ。

近日中に、女房殿を誘ってやって来ようぞと、固く心に誓うオジさんなのだった。

 

 

 ←高知県人気ブログランキング

 ← 高知情報ブログランキング 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加