答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

グーグルに認められた、か?

2011年11月03日 | オヤジのIT修業

このところ、というか、ひと月かふた月ほど前から、このブログのページビュー(PV、ページ閲覧数)がやたらと多くなっている。

アクセス数は減っているのに、PVの数値はいつも高い(あくまでも自分ところの過去と比較してですよ。基準がわからないので)。

もっとも、そんなことにかまけている余裕はなく、その理由を探る気もなかったのだが、どうやらそれがグーグルボット(Googlebot)さんの仕業によるものらしいことに気がついた。

たとえば、最近でいえば平均的な11月1日を見てみる。訪問者数(IP)は349でPVが1481である。

で、その1481の内訳はというと、こんな感じ。

 

 

50%を軽く上回る831をGooglebotが占めており、他の検索サイトを含めると70%弱がウェブクロールロボット、つまり検索エンジンからやってくる巡回者なのだ。

(わかったようなフリして書いている私。じつはよくわかっていない)

だとしたらこれは、「Googleに認められてきた」ということなのだろうか。

ちなみに、ということで「答えは現場にあり」というキーワードで検索してみる。

 

 

輝く第1位なのは、こんなマニアックな題名のサイトなんかまずないだろうから当然として、よく見ると、一丁前にサイトリンクがついているではないか。

サイトリンクとは、Googleの検索結果の下、つまりこの場合は、「TOC/CCPM」とか「土木の仕事」とか「災害復旧」とか「モネの庭から」とかいうふうに、このサイト内のカテゴリーをユーザーが検索しやすくするためのもの。つまり、

サイトリンクは、ユーザーの役に立つと Google が判断した場合のみ、検索結果に表示されます。サイトの構造が原因で Google のアルゴリズムが適切なサイトリンクを見つけることができない場合や、サイトリンクとユーザーのクエリに関連性がないと思われる場合、サイトリンクは表示されません。

Googleウエブマスターツール・ヘルプより)

なのだそうだ。これもまた最初の一文を除いては、なんのことだかよくわからない。

だがしかし私は、なんとはなしに「グーグルに認められた」ような気がしたのである。

高知県東部の辺境の村人が発信する、吹けば飛ぶよなブログだが、コツコツ続けてりゃこんなこともある。

と、またいつものように、小さな事で小さな喜びを感じる、小さな男なのだった。

 

 

 ←高知県人気ブログランキング

 ← 高知情報ブログランキング 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加