答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

得手勝手

2011年09月30日 | 土木の仕事

 

 

今年よくあるような土砂降りではなく、最近では珍しいシトシトとした小雨。

強い雨でないことに、胸をなで下ろした日だった。

そういえば、20代後半から30すぎまでを過ごした仙台では(というか東北では)、ここ高知で降るような猛烈な雨はあまりない。

たとえば彼の地の梅雨は、じとじと細かい雨が降り続くし寒くてコタツがいるしで、気が滅入ってしようがないという記憶がある。

(仙台時代後半、私の景気が悪かったので、そこから来たイメージだとしたらごめんなさい。基本的にはファンですよ今でも。仙台ファンであり東北ファン)

「雨降りってやつはこんなもんじゃない。どうせ降るんだったらもっと男らしく降ったらどうだ」と、そう思っていた。

時は経ち今、2011年の私は、これでもかと雨に打たれ叩かれて、いささか食傷気味である。

「雨降りってやつはこんなもんじゃない。東北の雨はどうだ。上品なことこのうえないぞ」と、真面目にそう思っているのだから、まったくもって得手勝手。

 

 

 ←高知県人気ブログランキング

 ← 高知情報ブログランキング 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加