答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

知恵をかしてください

2011年09月06日 | 土木の仕事

 まこと、一人で考えることには限界があるのだ。

 世に、「下手な考え休むに似たり」という。しかし私は「下手な考え」には「下手な考え」なりの値打ちがあると思っている。「下手な考え」を考えることもまた、それは思考の訓練となるのであり、「休むに似たり」という一見ムダにしか見えないその時間が(特に若いうちは)、後々になるとずい分と役に立つものなのだという考えの持ち主である。

 しかしそうはいっても、ある程度まで考えたそのあとは、一人で考えすぎないこともまた、仕事のうえでは肝要だ。

 「ははあ、なるほど。その手(考え方)があったか」と感心しつつ、まこと他人さまの知恵を拝借するという行為は、踏ん張りどころではなおさら、我が身にとって有用なものだなと得心する。

 俺がオレがと気張ってみたところで、一人で全部を出来るわけではないし、一人では何も出来ないという類の仕事が、私が生業(なりわい)とする「土木の仕事」なのである。アナタや私が悩んでいるとしたなら、そしてその苦境を脱するためには、「知恵をかしてください」というオープンマインドな姿勢こそが、その端緒となるのである。

 ちなみに、他人さまに言わせるとこの私、とてもそういうふうには見えないらしく、一人でなんでも出来るというよう不遜な顔つきをしているらしい。しかし、当の本人は、「コミュニケーション(伝えあい)andコラボレーション(協働する)」の信奉者であり、顔つきについては、「これでもマシになったほうなんだがなあ~」とない頭をかくしかない。ボリボリ。  ←高知県人気ブログランキング 

 

 

   ← 高知情報ブログランキング

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加