答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

国道493号崩落現場から(北川村平鍋)

2011年07月21日 | 土木の仕事

 

国道493号平鍋地区。

土石流の発生源ははるか山の上である。

 

 

国道があったところ。

ボックスカルバート(道路下の排水施設)が残っている。

 

下流側に残った道路の上には巨石がゴロゴロ。

 

左側に見えるのが元の国道。

その下は土石流でえぐり取られている。

 

この上流すぐに集落がある、「轟音がして家が揺れつづけ、生きた心地がしなかった」とのこと。

さもありなんと、想像をめぐらした。

 

 

 ←高知県人気ブログランキング    

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加