答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

十文字のサクランボ

2011年07月14日 | 食う(もしくは)呑む

 

 

十文字は地名。

秋田県横手市十文字町である。

秋田県横手市十文字町「まるよし園」のサクランボを食う。

佐藤錦である。

箱の中には、「生産者からのお願い」というのが入っていて、そこには、

 

一、新鮮なうちに食していただきたいと思います。

一、サクランボは決して水洗いしないでください。

  (水洗いすると味が落ちます)

一、チョコレート・コーヒーなど、甘いものを食べたり飲んだりした直後にサクランボを食べると、サクランボ本来の味が落ちますのでご注意ください。

 

とあるのだが、

焼酎を呑みながらサクランボを食うのはどうなんだろう?とかなんとか思いつつ、

ウマイウマイと秋田県横手市十文字町「まるよし園」のサクランボを、焼酎を呑みながら食ったのが昨夜のこと。

今朝はといえば、なでしこジャパンの勝利をうけて祝杯をあげたいのだがさすがにそうもいかず、

秋田県横手市十文字町「まるよし園」のサクランボを(今度は焼酎なしで)、ウマイウマイと食ったのだ。

 

 

 ←高知県人気ブログランキング    

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加