答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

酒を呑む<考>

2011年06月25日 | 食う(もしくは)呑む

 

今から思えば、

人を妬み、世を恨み、陰々滅々とした酒を呑んでいたころもある(ああ、ヤダヤダ)。

しかし、(酒飲みとしての)キャリアをとおしていえば、明るい酒だろうなという自負はある。

それは、必要以上に熱く、飲めば呑むほど、酔えば酔うほど議論をするというその体質も含めてである(最近はなりをひそめているがネ)。そしてそれは間違いなく、訓練を経て身についたものである。

私のように、酒が強いというDNAを受け継いでいる、と自他ともに認める人間であっても(今はそんなに強くないがネ)、それ相応になるにはそれ相応の訓練が必要だったのだ。

それ相応の訓練を重ねた結果、何が身につくかというと、「酔わない」身体もしくはテクニックである。

いや正しくいえば「酔う」。それも人並みに、飲み始めたらすぐ「酔う」。「酔わない」テクニックとは、「酔ってしまった」そのあとをいかにして持続させるか、または「酔っていない」という擬似信号を送って、自分自身の脳をいかにして騙すかということである。

しかし、そうやって年月を経てきた我が身体と脳が、今となっては悩ましい。

いつもいつでも、「ほろ酔い」でやめれば可愛いものを、習い性というものは哀しいもので、ついつい完全に「酔う」までやる。もとい、やってしまう。

これを「哀しい」といわずして何と言うか、である。 

これがまた旨いから「哀しい」、のである。

そしてこの「哀しい」は、たいがいのところ楽しいのだから、悩ましい。

(いやじっさい、そないに悩んではないんですがネ)

(どないやねん) 

 

 ←高知県人気ブログランキング

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加