土木のしごと - (有)礒部組現場情報

「地域と共に生きる」
高知県は奈半利町の(有)礒部組が工事現場情報をお届けします。

取り壊しをする石積みの基礎に丸太が使われておりました (..)

2016年02月05日 | 国道493号(北川道路)道路改築工事

北川村和田の国道493号(北川道路)改築工事、2つの工事が進行中です。

1件目(1-50号)はまもなく完成で、

2件目に受注した工事(1-10号)に着手しました。

 

 

 

 

写真は取り壊しをする石積み護岸です。

基礎を見てください。丸太を使っています。

常時水の中にあるからでしょう、

腐ることなく健全そのものです。

地元の人に聞き取りすると昭和30年ぐらいにつくったものらしいのですが、

当時は普通の工法だったのでしょうか。

興味津々です。

個人的には、基礎に丸太胴木とか丸太杭とかを使う工法をやってみたいのですが、

(けっこう効果があると思うんです)

今の世の公共事業で実施するのはなかなか難しそうですね。


(みやうち)



 

人気ブログランキング

 ↑↑ 「えいやんか」でポチッとひと押し

 

 

地域に貢献し 地域と共に生きる

  「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

  災害復旧工事から「モネの庭」まで

      幅広い分野の土木工事を施工しています

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで

  住民のために工事を行う

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加