土木のしごと - (有)礒部組現場情報

「地域と共に生きる」
高知県は奈半利町の(有)礒部組が工事現場情報をお届けします。

土を締め固める目安

2015年12月12日 | 国道493号(北川道路)道路改築工事

 

 

北川村和田の国道493号(北川道路)改築工事

大型ブロックの3段目を据え終わり

ただ今ブロックの空洞部分に生コンを打ち込んでいます。

 

あれ?ぼくのお目当てのアイツは・・・・

 

 

いましたいました。

何やらスプレーでマーキングをしております。

 

 

ブロック据え付け

 ↓

生コン打設

 ↓

裏の盛土

という一連のサイクルを繰り返す仕事の最後の部分

盛土を締め固めるときの一層の厚さ(30センチメートル)の基準(目安)をマーキングしているのです。

数字はいちばん下から順番にふられているので

ここは8~10層目、ということですね。


このような、「もたれ擁壁」というタイプの構造物では

背面が傾斜しているため、盛土の締固め不足が生じやすく、

完成後、道路が沈下しているのをよく見かけます。

土の締固め

道路工事では特に重要なのであります。


(みやうち)



 

 

人気ブログランキング

 ↑↑ 「えいやんか」でポチッとひと押し

 

 

 

 

地域に貢献し 地域と共に生きる

  「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

  災害復旧工事から「モネの庭」まで

     幅広い分野の土木工事を施工しています

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで

  住民のために工事を行う

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加