土木のしごと - (有)礒部組現場情報

「地域と共に生きる」
高知県は奈半利町の(有)礒部組が工事現場情報をお届けします。

萱株(かやかぶ)

2015年12月04日 | 施工完了(2015年度)

 

 

二タ又復旧治山工事

間伐材を使った丸太柵を施工中です。

なんにもなかった盛土面が

これでぐっと引き締まってきました。

もちろん見た目だけではなく、

斜面を安定させるための工法です。

 

 

丸太と丸太のあいだに挟んでいる草は萱(かや)です。

茅とも書きますね。

斜面を早く安定させるために

旺盛な繁殖力を持つカヤの株をあいだに入れるのが

森林土木で一般的な丸太柵のやり方です。


あと一日で丸太柵は完了。

次はその下に

二次製品の水路を据え付けます。


(みやうち)

 

 

 

人気ブログランキング

 ↑↑ 「えいやんか」でポチッとひと押し

 

 

 

地域に貢献し 地域と共に生きる

  「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

  災害復旧工事から「モネの庭」まで

      幅広い分野の土木工事を施工しています

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで

  住民のために工事を行う

コメント
この記事をはてなブックマークに追加