土木のしごと - (有)礒部組現場情報

「地域と共に生きる」
高知県は奈半利町の(有)礒部組が工事現場情報をお届けします。

木を使う

2015年12月02日 | 施工完了(2015年度)

 

本日の二タ又復旧治山工事。

 

 

右には現場から発生した巨石を積み上げ

左には高知県森林組合連合会から買ってきた間伐材を仮置き。

鋼製自在枠による護岸工が完了したあとは

いよいよ現場の仕上げに入っていきます。

今回の現場は

一般的に土木の代名詞ともいえるコンクリートをほとんど使っておりません。

でも、森林土木ではそれほど珍しいことではありませんネ。

 

さて次に使う材料は・・・

 

 

斜面にへばりついたミニバックホウが行っているのは

丸太柵をつくる地盤の段切り。

 

次に使うのは、

森林土木では重要な位置を占める資材

「木」

築土構木の

「木」

なのであります。

 

(みやうち)

 

 

 

人気ブログランキング

 ↑↑ 「えいやんか」でポチッとひと押し

 

 

 

地域に貢献し 地域と共に生きる

  「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

  災害復旧工事から「モネの庭」まで

      幅広い分野の土木工事を施工しています

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで

  住民のために工事を行う

コメント
この記事をはてなブックマークに追加