土木のしごと - (有)礒部組現場情報

「地域と共に生きる」
高知県は奈半利町の(有)礒部組が工事現場情報をお届けします。

国道493号小島桟道橋、土留の型枠組み立てを始めます

2015年07月03日 | 国道493号小島バイパス工事

宮内です。

ちょっと旅に出ておりました。

といっても今という時代のことなれば、

インターネットにつながりさえすれば、

どこにいてもクラウドサービスに入れたファイルで仕事はできますし、

それぞれの現場の様子や問題点なども、

社内SNSを毎日チェックしてさえすれば、

ふだんとそんなに変わらず把握できます。

(おかげでどんなに深酒しようと早起きしなければならないのですが、それは自分が決めた業務ですからネ、当然のことです)

 

ということは、この「現場情報ブログ」も、

どこにいても更新できるわけ、なんですが、

「あっ」と気がつけば「1週間ぶりのご無沙汰でした」の玉置宏状態。

(わかんない人は検索してくださいネ。「ロッテ歌のアルバム」で ^^;)

週末ブログ化してしまわないよう

気を引きしめて更新していきましょう。

 

 

さて今日の現場情報。

北川村小島の国道493号拡幅工事からです。

 

 

 

北川村小島の国道493号拡幅工事。

土留めのコンクリート擁壁をつくるための

床掘りが火曜日に完了しました。

発注者による中間検査をはさんで

きのうは基礎砕石(産業廃棄物のコンクリートを砕いた再生砕石)の敷均し。

今日から型枠組み立てを始めます。



以上、本文より前置きが長い現場情報。

こんなスタイルもあり?

かもしれないと、ちょっとした気づきに

頭をボリボリ掻いてます。



 

人気ブログランキング

 ↑↑ 「えいやんか」でポチッとひと押し

 

 

 

地域に貢献し 地域と共に生きる

  「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

  災害復旧工事から「モネの庭」まで

      幅広い分野の土木工事を施工しています

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで

     住民のために工事を行う


コメント
この記事をはてなブックマークに追加