土木のしごと - (有)礒部組現場情報

「地域と共に生きる」
高知県は奈半利町の(有)礒部組が工事現場情報をお届けします。

下部工

2014年12月03日 | 国道493号北川拡幅工事

 

国道493号北川村小島、

拡幅工事の一環で橋を架けています。

ただ今その土台となる部分、

いわゆる下部工を施工中です。

 

A1橋台

 

A2橋台

 

橋の両端の土台となる部分、

すなわち橋台のことを、

私たちはアバット(abutment)と呼びます。

その頭文字をとってA1橋台、A2橋台。

番号は道路の起点側にある土台が1で、

その反対、つまり終点側が2。

国道493号は奈半利町が起点で東洋町が終点ですから、

奈半利町のほう(奈半利川でいえば下流側)がA1ということになります。

ついでにいっときますと、

橋の中間にある土台は橋台とは区別して、

橋脚(ピア、pier)と呼び、

同じように頭文字をとってP1、P2と名前をつけるのですが、

この橋は小さいためピアがなく、

下部工はアバットだけとなっているのです。

 

 

ということで、

きのうはA1の生コン打ちで、

今日はA2の生コン打ち。

年内に両方の橋台を打ち上げるよう、

当社直営班を増員して鋭意奮戦努力ちゅう、

なのであります。

(宮内)

 

 

 

 

人気ブログランキング

 ↑↑ 「えいやんか」でポチッとひと押し

 

 

地域に貢献し 地域と共に生きる

  「より良いモノをより早くつくる」 をモットーに

  災害復旧工事から「モネの庭」まで

      幅広い分野の土木工事を施工しています

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで

     住民のために工事を行う

 (有)礒部組は三方良しの公共事業を実践しています

コメント
この記事をはてなブックマークに追加