土木のしごと - (有)礒部組現場情報

「地域と共に生きる」
高知県は奈半利町の(有)礒部組が工事現場情報をお届けします。

石を積むときの配慮

2014年01月31日 | 施工完了(2013年度)

 

 

和田(寺谷川)砂防工事です。

巨石積み擁壁がイイ感じで出来上がりつつあります。

下に見えるのが流路工の護岸となる石積みで、

その上、まもなく仕上がるのが管理道の路側擁壁となる石積みです。

護岸のほうが流路の傾きに沿って石を積んでいる(下の勾配に合わせて上で調整している)のに対し、

上のほうは管理道の勾配に合わせて下から調整しているのがわかってもらえるでしょうか。

仕上がり(完成形)をイメージして、きちんと配慮されている施工です。

石積みは作業する毎に仕上がっていくので、進み具合が一目瞭然。

見ていて気分がいいのです。

(宮内)

 

 

   

 

 人気ブログランキング

 ↑↑ 「えいやんか」と思ってくれたらポチッとひと押し

 

 

地域に貢献し、地域と共に生きる。

 「より良いモノをより早くつくる」をモットーに、

  災害復旧工事から「モネの庭」まで幅広い分野の土木工事を施工しています。

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 (有)礒部組は三方良しの公共事業を実践しています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加