土木のしごと - (有)礒部組現場情報

「地域と共に生きる」
高知県は奈半利町の(有)礒部組が工事現場情報をお届けします。

高欄

2013年12月06日 | 国道493号道路災害復旧工事

 

 

どうでしょう?

いかにも「橋」という感じになってきました。

北川村平鍋の国道493号道路災害復旧工事です。

その違いは、高欄(こうらん)。

ところでこの高欄という言葉。私たちは普通に使っていますが、一般的ではないですよね。

ということで、いつものように検索。

グーグル検索でトップに位置するコトバンクにはこう書いていました。

 

 【高欄】

   宮殿・神殿などのまわりや、

   橋・廊下などの両側につけた欄干(らんかん)。

   擬宝珠(ぎぼし)高欄・跳(はね)高欄などが・・・

           『デジタル大辞泉』の解説

 

やっぱり欄干、というほうが一般的なのかもしれませんが、

ここは普段使っている言葉で、高欄。

高欄があるとないとでは、見た目の「らしさ」が全然違います。

この工事も、いよいよ終盤戦に入ってきたようですね。

(宮内)

 

 

    

 

  ←ポチッとイチ押し  高知情報ランキング

 

 

地域に貢献し、地域と共に生きる。

 「より良いモノをより早くつくる」をモットーに、

  災害復旧工事から「モネの庭」まで幅広い分野の土木工事を施工しています。

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 (有)礒部組は三方良しの公共事業を実践しています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加