土木のしごと - (有)礒部組現場情報

「地域と共に生きる」
高知県は奈半利町の(有)礒部組が工事現場情報をお届けします。

生まれ故郷

2013年11月18日 | 施工完了(2015年度)

 

 

二タ又復旧治山工事。

山の上に出現したビニール袋。

その下では、

 

 

現場代理人のボンズ10号くんが小さな木をせっせと植えています。

 

 

現場に入ったばかりのころ、切取り予定の部分に生えていた幼樹を掘り採り、

ポット苗にして保存していたものです。

背の高い樹林に崩壊により出来たギャップ。

その中にあって、文字どおり陽の目を見た「芽ばえ」ですが、

そのままだと、山とともに切り取られるか、そうでなくても重機に踏み潰されるがの運命にあったもの。

本日めでたく、生まれ故郷に帰ることができました。

ということで、冒頭の写真。

 

 

鹿やうさぎの食害から保護するための囲いだったのですね (^^)

(宮内)

 

 

    

 

  ←ポチッとイチ押し  高知情報ランキング

 

 

地域に貢献し、地域と共に生きる。

 「より良いモノをより早くつくる」をモットーに、

  災害復旧工事から「モネの庭」まで幅広い分野の土木工事を施工しています。

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 (有)礒部組は三方良しの公共事業を実践しています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加