土木のしごと - (有)礒部組現場情報

「地域と共に生きる」
高知県は奈半利町の(有)礒部組が工事現場情報をお届けします。

ふたスパン目にとりかかります

2013年08月03日 | 国道493号道路災害復旧工事

 

 

 

 

国道493号道路災害復旧工事。

ひとスパン目の杭の打ち込みが終わり、打ち込んだ杭の頭にモルタルを流し込みました。

こうすることによって、各部材の交わる角度などが力を受けても変化をしないような、強い構造になります。

これでひとスパン目の一連の作業が完了。

今日からはふたスパン目を組み立てます。

 

 

すでに次の鋼管杭が待機中。

今回で最長の、26.5メートルです。

(宮内)

 

 

  ←ポチッとイチ押し  高知情報ランキング

 

 

地域に貢献し、地域と共に生きる。

 「より良いモノをより早くつくる」をモットーに、

  災害復旧工事から「モネの庭」まで幅広い分野の土木工事を施工しています。

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 (有)礒部組は三方良しの公共事業を実践しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加