土木のしごと - (有)礒部組現場情報

「地域と共に生きる」
高知県は奈半利町の(有)礒部組が工事現場情報をお届けします。

高い所

2013年04月27日 | 国道493号小島バイパス工事

 

 

 

下請けの(株)愛橋さんが支承の施工をしています。

一般的な橋では、下部構造(橋台とか橋脚)と上部構造(橋桁とか)を直接つなぐことはありません。

伸び縮みや変形を吸収してくれる部材を間に挟むのが普通で(直接つなぐ橋もありますが)、

その部分を支承と呼びます(沓(しゅー)とも言う)。

ちなみにこの橋は、ゴムを用いた支承ですね。

 

周りにすがるものが何もない中、命綱をつけての作業ですが、私は見てるだけでダメ。

恐いのです。

でも、高所が恐いか、というとちょっと違います。

きつい斜面や何十メートルも上の切り取り面は平気なのです。

ロックネットにぶら下がることだって、どうということはありません。

しかし、この類の高所には、からきし弱いのです。

「ご安全に!」と言うしかないですね ^^;

(宮内)

 

 

   ←ポチッとイチ押し  高知情報ランキング

 

 

地域に貢献し、地域と共に生きる。

 「より良いモノをより早くつくる」をモットーに、

  災害復旧工事から「モネの庭」まで幅広い分野の土木工事を施工しています。

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 (有)礒部組は三方良しの公共事業を実践しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加