土木のしごと - (有)礒部組現場情報

「地域と共に生きる」
高知県は奈半利町の(有)礒部組が工事現場情報をお届けします。

空振り上等

2013年04月08日 | 施工完了(2013年度)

岩手県釜石市にある青紀土木の専務から、いい言葉を教えてもらいました。

いわく、

「空振り上等!!」

http://ameblo.jp/kenichi4877/entry-11506602495.html

JR東日本で使われている言葉だそうです。

 

先週の金曜日。翌日通過予定の爆弾低気圧への対策がほぼ完了したころ、寺谷川砂防工事現場へ行った私に、

「これだけやったけんど、ホントに来ますか?」と、若い人が話しかけてきました。

「わからん」と前置きして私。

「たいていの場合、やっぱり来んかったねえ、ということが多いわなあ」

「けんど、なめてかかってエライ目に会ったことも何回もある」

「オレの経験から言えば、おじる(恐がる)にこしたことはないわ」と続けました。

そして土曜日。

結果は、既報のとおり。大したことはありませんでした。

見方によっては空振りです。

でも、「空振り上等」。

例え、結果としてそれに費やした時間が無駄になっても、良いのです。


青木さんありがとう。いい言葉です。

もちろん私がいうこの場合、JRでのそれとは明らかに意味は違いますが、根っ子の部分はそんなに違わないのではないかと、

ひとり勝手に解釈してしまいました。

組織の文化としてこの言葉が広がる。

言い換えれば、この意識が定着する。

そうなったらいいなと......そう思う月曜の朝、なのです。

(宮内)

 

 

   ←ポチッとイチ押し  高知情報ランキング

 

 地域に貢献し、地域と共に生きる。

  「より良いモノをより早くつくる」をモットーに、

    災害復旧工事から「モネの庭」まで幅広い分野の土木工事を施工しています。

 

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

  (有)礒部組は三方良しの公共事業を実践しています。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加