土木のしごと - (有)礒部組現場情報

「地域と共に生きる」
高知県は奈半利町の(有)礒部組が工事現場情報をお届けします。

現道への取り付け

2013年04月04日 | 国道493号道路災害復旧工事

 

 

北川村平鍋の国道493号道路災害復旧工事。

写真の右側、起点側の土留めが完成しました。

完成形は、現在の国道より、けっこう低くなるのがわかります。

ってまだまだ一般のかたには、わかりずらいでしょうね。

 

 

その土留めから対岸(終点側)を見てみました。

反対に向こう側は、現在の道路より上がります。

大きく曲がった応急復旧道路をショートカットして橋を架けるので...

こんな感じです。


 

 距離が短くなるので、当然のことながら、現在と同じ道路勾配では取り付きません。

橋を架けること自体もさることながら、現道への取り合わせをどうやって施工するかも、

なかなかに悩ましいことではあるのです。

(宮内)

 

 

   ←ポチッとイチ押し  高知情報ランキング

 

 地域に貢献し、地域と共に生きる。

  「より良いモノをより早くつくる」をモットーに、

    災害復旧工事から「モネの庭」まで幅広い分野の土木工事を施工しています。

 

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

  (有)礒部組は三方良しの公共事業を実践しています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加