土木のしごと - (有)礒部組現場情報

「地域と共に生きる」
高知県は奈半利町の(有)礒部組が工事現場情報をお届けします。

2013年03月12日 | 国道493号道路災害復旧工事

 

 

「え~、日帰りかえ?」

「はい、高知市から2時間で行けますもん」

「そんなこと言うたち、海を渡るがぜ~。海外ぜよ海外」


てなことをブツブツ言いつつ、行ってきたのはJFEスチール株式会社西日本製鉄所(倉敷地区)。

国道493号災害復旧工事の橋梁上部工に使う材料の検査です。

あ、そうそう。これも悪いクセですね。

上部工だ下部工だと、何気なしに使っていますが、一般のかたにはわからないかもしれません。

上部工とは橋桁から上の部分で、下部工はその下、橋台とか橋脚の部分を指します。

 

ということで、約2時間をかけて工場検査。

関係者の皆さま、どうもありがとうございました。


ところで、ただいま奈半利町の本社に帰ってきてこれを書いているのですが、

ホントに楽勝の日帰りコース。

「海外」

というのは、かつて「星雲の志」を抱き宇高連絡船に乗った私にとって、

 じつのところ、今でも実感としてそうなのです。

だからして、あらためて、瀬戸大橋恐るべし、なのですね。


「橋を架ける」


私たちのレベルでは今、そうそうあることではありませんが、

数ある「土木のしごと」のなかで、

「災害復旧」と並んで、もっともテンションが上がるひとつなのです(私にとっては)。

(宮内)

 

 

   ←ポチッとイチ押し  高知情報ランキング

 

地域に貢献し、地域と共に生きる。

「より良いモノをより早くつくる」をモットーに、

災害復旧工事から「モネの庭」まで幅広い分野の土木工事を施工しています。

 

発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

(有)礒部組は三方良しの公共事業を実践しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加