土木のしごと - (有)礒部組現場情報

「地域と共に生きる」
高知県は奈半利町の(有)礒部組が工事現場情報をお届けします。

きび

2011年06月30日 | 施工完了(2011年度)


現場の近所のかたから、差し入れをいただきました。

 




「きび」です。(ひのです)

しかもご丁寧なことに、茹でてくれています。

「きび」、「とうきび」。このへんの言葉はまだ、トウモロコシと結びつきますが、

私がむかし暮らしていた宮城県では「とうみぎ」と呼んでいましたね、たしか。

そういえば、青森では「きみ」と言うらしくて、そのなかでも「嶽きみ」というブランドトウモロコシがあるのだと、

新しい分野の事業としてトウモロコシづくりをしているという、青森県の建設業者のかたに聞いたことがあります。

そんなことをボヤ~っと考えながら見ていると、

O君が、「あ、なんでそんなにキレイに食えるんっすか?」と、N先輩を指していうのです。

あらためて見ると、O君と彼と同年代のM君のはぐちゃぐちゃで、それに比べてN先輩のほうは、ひと粒残らず整然と食されています。

食べ方をレクチャーするN先輩と、それに聴き入るO君M君。

「オマエ、そんなの教えられんと出来んがか?」とチャチャを入れる私。

「だってオレ、子どもの時、こんなんあんまり食ったことないっすよ」。

「またまたオマエ、そんな上品なこと言うて、北川村の子のくせに」。


何はともあれ美味かった。

ありがとうございました。

 

 

  ←ポチッとイチ押し  高知情報ランキング

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加