Islander's diary ~離島ライフ~

隠岐諸島最南端に位置する知夫里島の自然と、日々の何気ない出来事を書き留める。時間が止まってるような、止まってないような…

春なのに

2017-04-04 16:16:50 | 陶芸


出郷者の皆様には、春の知夫の風景写真を期待されてると思うのですが…

すみません、もう少々お待ち下さい。
一宮神社の桜も、赤ハゲ山の野大根も、来週あたりには花を開くのではと思いますので。

代わりに食の方の旬、岩牡蠣を載せます。
もう炒飯になった状態ですが。

冬の牡蠣とはまた違った、ぷりぷりとした味の濃い岩牡蠣。
レンチンで簡単に食べられますので、一度ご賞味下さい。



そして相変わらず編み物付いてる自分…
知夫の風景写真の代わりに、編み物で表現した知夫の玄関口、来居港をどうぞ。

これもバッグにしようと思って編んでて、
「完成したら来居港バッグだ!」などと調子に乗ってたのですが、
進んでいくうちに、なんか違うなーと。

バッグでないものに変身するかもしれません。
船は海上保安庁のつもりで青いラインを入れるつもりでしたが、
色彩的に物足りない気もして、赤を入れて隠岐汽船にしようかなどと悩んでいます。



で、悩んでいる間に、赤いキラキラの究極に自分好みの糸を見つけて、別のバッグに取り掛かってしまいました〜
毛糸じゃなくて、春夏用のコットン糸なんですけどね。
でもどう見てもクリスマス用ですよね…

まあいいや、作業が楽しくて編んでるんだから〜
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春物バッグ | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

陶芸」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。