Islander Works

書いて、読んで、人生は続く。大島健夫のブログ

大島健夫ってこんな人です。(最新の記事はひとつ下になります)

2017-12-31 19:10:19 | プロフィール


◆大島健夫◆

1974年11月20日・千葉県千葉市生。
詩人/作家。
2008年6月より2012年12月まで、池袋3-tri-にて、朗読ライヴイベント 「Poe-Tri」を毎月主催。
2009年10月発表の不可思議 /wonderboy企画スポークンワーズ・コンピレーションアルバム「言葉がなければ可能性はない」に「蛇」で参加。
2009年12月より、山口勲と共同で、千葉で唯一の朗読オープンマイクイベント「千葉詩亭」を隔月で開催。
2010年10月、小説「そろそろ君が来る時間だ 10の小さな物語+1」を詩遊会出版より刊行。
2012年7月より2015年7月まで、朗読インターネットTV 「ON AIR」パーソナリティを務める。
2012年9月発表のコンピレーションアルバム「覚えたての呪文 不可思議/wonderboyトリビュート」に「先生、あのね」で参加。
2014年3月、詩集「神さまの人生」、長編物語詩「みいらの世界」をマイナビより電子書籍にて刊行。
2014年7月、史上初の「24時間朗読ワンマンライヴ」完遂。
2014年12月より、渋谷RUBY ROOMにて、URAOCBと共同で、朗読ライヴイベント「SPIRIT」を毎月第一月曜日に主催。
2015年3月、欧州文化首都・ベルギーのモンスで開催された国際ポエトリースラム「SLAMons & Friends」に三角みづ紀、橘上とともに日本代表として参加。準決勝進出。
2016年3月、ポエトリー・スラム・ジャパン2016全国大会優勝。5月、パリで開催されたポエトリー・スラムW杯に日本チームとして出場。準決勝進出。
2016年9月、ベルギーのブリュッセルで開催された「The Third Anual Brussels Poetry Fest」に三角みづ紀、橘上とともに参加。
2016年12月、イスラエルのテルアビブとエルサレムで開催された国際ポエトリースラム「Israel Slamstival」に出場。

「声・言葉・お話の力」をテーマに、様々なシーンで自作詩、物語を朗読する。「日本スポークンワーズ協会」の一員として、「スポークンワーズ・マガジン どんと、こい!」の編集・発行にも携わる。

〇今後の朗読予定はこちらから。

〇これまでの朗読履歴はこちらから。

〇朗読動画はこちらから。

さらに詳しくは大島健夫オフィシャルサイトをどうぞ。

房総半島の里山を舞台にネイチャーガイドとしても活動、また各種出版物やテレビ番組への写真提供も行っています。里山の動植物を紹介する生き物ブログはこちらから。

執筆/朗読、その他のお仕事のご依頼は、islander_works@yahoo.co.jpまでご連絡くださいませ。



********************



◆書籍
「そろそろ君が来る時間だ 10の小さな物語+1」2010 詩遊会出版
「神さまの人生」2014 マイナビ(電子書籍)
「みいらの世界」2014 マイナビ(電子書籍)
「愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~」2014 マイナビ(電子書籍)
「愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~」2014 マイナビ(電子書籍)
「愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~」2014 マイナビ(電子書籍)
「愛すべき里山の生き物たち 第4集 ~繁殖行動の秘密編~」2015 マイナビ(電子書籍)
「ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち」2015 マイナビ(電子書籍)
「本当は美しい里山の生き物たち」2015 マイナビ(電子書籍)

◆音源
「言葉がなければ可能性はない ― Spoken Words Conpilation 2009 ―」2009
「覚えたての呪文 不可思議/wonderboyトリビュート」2012 Sakkaku Records
「大蛇をください」2012 マイナビ(電子版)
「最初に君と出会ったのは、」2015 SPIRIT

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月6日SPIRIT、ありがとうございました。

2017-03-07 22:37:04 | 出たもの
2017年3月6日月曜日、渋谷RUBY ROOMで27回目の開催となるポエトリーリーディングオープンマイクSPIRIT。ご来場、オープンマイクへのご参加、まことにありがとうございました。

今回のゲストは永方佑樹さん。



30分間連続する、自ら作成した映像を駆使しての永方さんの朗読パフォーマンスは、視覚で捉える要素が詩の言葉の浸透度を高めてゆく、聴き手にとって静かな高揚感と多幸感に満ちた、美しいものでした。

オープンマイクにご参加頂いたのは、登場順に、

浅葉爽香さん
公社流体力学さん
筒渕剛史さん
ポテトチップスさん
渡ひろこさん
midoさん
牟礼鯨さん
道山れいんさん
廣川千瑛さん
ジョーダン・スミスさん
イマイミカさん
上條美由紀さん
津田一矢さん
死紺亭柳竹さん
坂本樹さん
笹田美紀さん
守山ダダマさん
かとうゆかさん
加美悠さん

という19名の皆様。

それがどんな人であろうと、誰かがポエトリーリーディングのステージに立った時、「読みたい詩」と、「読まれる理由のある詩」はずいぶん違います。初登場の方、常連の方それぞれに、今回は「今この場所で朗読されるべき詩」を多く聴くことができたように思います。

オープニングはURAOCBが、ラストは私が「鈴」と「花火大会の夜」を朗読いたしました。

次回SPIRITは4月3日です。ゲストには2014年のオーストラリアのポエトリースラム王者Zohab Zee Kahnをお迎えいたします。

どうぞお楽しみに!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千葉詩亭・第四十四回、ありがとうございました。

2017-02-27 22:05:37 | 出たもの
2017年2月26日の千葉詩亭・第四十四回、多数のご来場ご参加、まことにありがとうございました。

ゲスト・おちょこさんのパフォーマンスは、TREASURE RIVER BOOK CAFEの本棚に囲まれた空間を、声と言葉で液体が満ちるように静かにそして力強く満たしていく、とても素敵なものでした。


今回のオープンマイクには、

上田昌典さん
OOMさん
ポテトチップスさん
遠藤ヒツジさん
廣川千瑛さん
さとうさん
カワツノゾミさん
URAOCBさん
服部剛さん
川方祥大さん
森ジュンイチさん
上條美由紀さん

という12名のご参加を頂きました。
初参加の方、久しぶりの方も多く、それぞれのきっかけからこの千葉詩亭においで下さいましたこと、心より嬉しく思います。また常連の皆様も、おのおの新鮮な息吹を持った言葉を届けてくださいました。

オープニングは山口勲が、ラストは私が「蟹倉庫」と「千葉で生まれた」を朗読しました。言うまでもなく、お食事のチキン南蛮丼とホーイトートー丼も絶品でございました。

次回の千葉詩亭・第四十五回は4/16(日)の開催です。ポエトリーリーディングの時空間を、常にオープンに快適に、かつご来場の皆様にできるだけ何事かを感じてお帰り頂けるように、主催二名、努力してまいります。TREASURE RIVER BOOK CAFEでお待ち申し上げております!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月6日「SPIRIT」

2017-02-25 14:22:06 | 告知
「心を声に。声を言葉に。言葉を、明日に」

毎月第一月曜に渋谷RUBY ROOMで恒例、大島健夫とURAOCBの共同開催による朗読オープンマイクイベント「SPIRIT」。2017年3月6日の回で27回目となります。

スペシャルゲストには、2012年の「詩と思想」新人賞を受賞、古典詩歌を三角関数を使って現代詩に昇華させた詩集『√3』も話題の詩人・永方佑樹さんをお迎えしております。30分のスペシャルパフォーマンス、どうぞお楽しみに!



☆☆☆


POETRY READING OPEN MIC

SPIRIT

2017年3月6日(月)
会場:渋谷 RUBY ROOM

開場 19:30
開演 20:00
入場料 2000円(2ドリンク付)

▽主宰・出演
大島健夫 / URAOCB

▽スペシャルゲスト
永方佑樹

※オープンマイクは当日先着16枠までが1名あたりの制限時間5分、それ以降は制限時間4分で、22時40分に到達した時点でオープンマイク打ち切りとなります。どうぞふるってエントリーしてください。もちろん、オープンマイクにご参加なさらない、純粋なお客様としてのご来場も大歓迎いたします。


☆☆☆


見たい方も聴きたい方も読みたい方も。どうぞどなたもお気軽にお越しください。心よりお待ち申し上げております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月26日「千葉詩亭・第四十四回」

2017-02-12 23:00:12 | 告知
偶数月の第三日曜に中央区登戸のTREASURE RIVER BOOK CAFEで恒例、千葉の朗読オープンマイクイベント・千葉詩亭。この2月の第四十四回のみ、第四日曜日の26日の開催となります。お間違いのなきよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

今回のゲストアーティストには、ロックバンド「西国分寺エクスペリエンス」で20年余り曲作りとボーカルを担当してきた歌い手で詩人・おちょこさんをお迎えし、30分間のパフォーマンスを展開して頂きます。どうぞお楽しみに!


☆☆☆


千葉詩亭・第四十四回

2017年2月26日(日)
会場:TREASURE RIVER BOOK CAFE
千葉市中央区登戸1-11-18 潮第2ビル102

※JR千葉駅より徒歩10分。千葉駅東口からそごうの横を通ってモノレール沿いに進み、モノレールが左に曲がってすぐの信号を右に入り、200メートルほど進んだ道沿い左側です。

開場 17:30
開演 18:00

入場料1000円(1ドリンク付) または 2000円(1ドリンクとお食事付)

千葉詩亭はオープンマイクのイベントです。ご来場の皆様は、当日希望すればどなたでもマイクの前に立つことができます。詩の朗読に限らず、持ち時間5分で、歌・漫才・演説・愛の告白・懺悔など、「言葉」であれば何でもOKです。いや、むしろ言葉によらない身体表現や音楽、即興絵画なども、法令及び公序良俗に違反しない限り、また他のお客様の迷惑になることでない限り何でも歓迎いたします。もちろん、オープンマイクに参加なさらない、純粋な観客としてのご来場も大歓迎です!

▽主催
山口勲/大島健夫

おちょこ


~本人によるプロフィール~
うたうたい、言葉使い。
ロックバンド「西国分寺エクスペリエンス」で20年余り曲作りとボーカルを担当していました。
2008年頃からソロ活動を始め、ギター弾き語りでオリジナルの曲を歌ったり、声やエフェクターを使った即興演奏をしています。
女である自分の中にある、母、少女、少年。邪悪。野生。官能。すべてを含んだ大地のような、妖怪のような、うたうおばばを目指して、日々年を重ねているところです。



☆☆☆

読みたい方も聴きたい方も。いつも来てくださる方も初めましての方も。地元の方も遠方の方も。どうぞお気軽にご来場くださいませ。TREASURE RIVER BOOK CAFEの美味しい飲み物とお食事とともに、心よりお待ち申し上げております。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加