イスラボンの競馬食べ放題

愛馬についてのあれこれを記録する日記です

山元トレーニングセンター見学(データヴァリュー)

2017-06-28 14:51:29 |  データヴァリュー


トレセン見学記の最後は、データヴァリューになります。
見学希望者が少ないためなのか、元々、そういう社風なのかは分かりませんが、追分ファームの方々は、いつも大変親切です。

今回のデータヴァリューの見学でも、スタッフの方が、色々と話をしてくださいました。
数日経って、既に記憶が曖昧な部分もありますが、記録のためにお話いただいたことを書いておきます。

・レースのために、目一杯の仕上げだったので、レース直後は左前脚にソエが出ていた
・身体もかなり絞り込んでいたので、こっちに戻ってきてから、体重は20キロくらい増えている。それでも太い感じはないので、レースを経験して、馬も成長しているんだと思う
・この馬は、レースを使うたびに良くなっている。北海道から初めて山元に移動して来た時には、トモも薄く非力な感じだったが、今はすごく逞しくなった
・久保田厩舎では、マリアライトを担当していた厩務員の方が、この馬を担当してくれている
・兄(ダノンプログラマー)も息長く活躍してくれたし、これから楽しませてくれるだろう
・地方で荒稼ぎしてくれるようになれば良いと思うが、かなり大跳びの馬なので、地方の小回りコースが合うかどうか。でも、南関だったら、いけるんじゃないか

あと、我々が、「データヴァリュー、(低価格帯の馬なのに)出資者には、なぜか個人馬主の方が多いんですよね」と言ったら、「じゃあ、テキには皆さんが稼げるように言っておきます(笑)」とのことでした。

未勝利戦勝利後の見学だったので、我々ももちろんですが、追分ファームの方々も、とっても嬉しそうでした。
重賞を狙えるような馬が活躍してくれるのも嬉しいでしょうけど、データヴァリューのように「未勝利さえ勝ち上がれれば、堅実に走ってくれるだろうに」と感じる馬が、きちんと勝ち上がってくれるのも、やっぱり嬉しいんだと思います。
未勝利戦勝利というのは、それだけ重みがあるんですよね。
ちなみに、勝ち上がったレースについては、「最後の一伸びは、やっぱりジョッキーの力ですね」とのことでした。

次走については、公式サイトでは新潟競馬の後半という話が出ていましたが、今回の見学では具体的なレース目標は出てきませんでした。
馬の状態に合わせて、これから決まっていくんでしょう。
一つ勝ってくれていますし、我々も焦って次を使ってほしいとは考えていません。
良く見極めて、次走の予定を立てていただければなと思います。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 山元トレーニングセンター見... | トップ | 山元トレーニングセンター見... »

 データヴァリュー」カテゴリの最新記事