イスラボンの競馬食べ放題

愛馬についてのあれこれを記録する日記です

イスラボニータ、最終追い切り

2017-04-20 11:08:27 |  イスラボニータ
昨日のグリーンチャンネルの今日の調教で、読売マイラーズカップに出走するイスラボニータの最終追い切りを見ました。
一週前追いは、火曜の地・中・海ケイバモードで放送されていましたが、直線でムチを2発入れて、一杯に追い切っていました。
最終追い切りは、手綱を持ったままで、軽く緩めただけの馬なりでした。

ここまでは、栗田先生が考えた通り、順調に仕上がっているように感じます。
特に、最終追い切りは、佐藤助手とのコンタクトが完璧でした。
これまでずっと面倒を見て来たんですから当たり前ですが、微妙な手綱さばきを馬が感じているように見えます。
佐藤助手自体がうまいことも、もちろんありますけれど。

報道によると、京都への輸送は、前々日の金曜で、土曜にはスクーリングをする予定です。
久々ですから、馬にスイッチを入れるためかもしれません。
一週前にムチを入れてまで追ったのも、スイッチを入れるためでしょう。
ここまでしたら、あとは勝ち運だけですね…。

あまり書かないようにしているのですが、他の馬の調教についても、予想替わりに書いておきます。
エアスピネルは、一週前追いは武ジョッキーが乗って、抜群の動きでした。
でも、最終追い切りは、助手とは言え動かなかったです。
ブラックスピネルの一週前追いは、助手で動きませんでした。
最終追い切りはデムーロ騎手で、これも動きませんでした。
この2頭は、先を見据えた仕上げでしょうし、勝負気配が一番強いのはイスラボニータかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« アロマドゥルセ、デムーロ騎乗 | トップ | イスラボニータ、大外8枠11番 »

あわせて読む