イスラボンの競馬食べ放題

愛馬についてのあれこれを記録する日記です

楽しみな2歳馬たち

2016-12-07 16:38:59 | ●日記
11月に入って、やっとデビューしてれた我が家の出資馬の2歳馬3頭ですが、どの馬もそのまま続戦になるのかなと思っています。
丈夫なのが一番ですし、それは何よりなんですが、問題児ばかりなんですよね…。

まず、一番早くデビューして、すでに2戦を消化したアロマドゥルセです。
前走のパトロールビデオを見ましたが、やはり、道中はハミを取っていないように見えました。
阪神の坂を上がり切った辺りからの残り100mくらいしか、真っすぐ追えていません。
それで、4着ですから、脚力はあるのでしょう。

そして、2走してから、すぐに放牧に出ていないということは、続戦なのではないでしょうか。
我々が初めて牧場で見た時の第一印象は、「この馬、丈夫そう」だったのですが、牝馬で続戦できるのは、この先、目標とするレースに向けて体調を整え易いということですから、大きな長所だと思います。
あとは、レースを重ねて、競馬を覚えて欲しいです。
スタートがダメで、道中もハミを取らないのでは、話になりませんから。

次に、新馬戦を勝ってくれたバリングラです。
こちらも、堀厩舎に在厩したままのようですから、続戦なのではないでしょうか。
と言っても、1勝しているので、この時期だと、走れる条件戦はあまりありません。
走るとなると、12/17(土)の中山2歳500万下芝1600mのひいらぎ賞でしょうかね。

バリングラは、新馬戦の様子を見ると、まだまだ絞れるでしょう。
レースでは、道中追い通しでしたし、こちらも実戦で仕上げて行くタイプかもしれません。
堀先生、かつての戸山先生張りのスパルタ調教でお願いします。

最後に、ヘヴントゥナイトです。
中山最終週の12/23(金)の中山未勝利戦芝1800mに、横山ジョッキー騎乗で向かう予定です。
12/24(土)の芝2000mの可能性もあるようで、相手関係を見てなのかもしれませんね。
24日だと、イスラボニータの阪神カップと重なってしまうので、できれば23日でお願いしたいところです。

ヘヴントゥナイトは…。
これも、問題は気性です。
パトロールビデオを見ると、ゴール前でよれてしまって、全く追えなかったようです。
流していた訳では、なさそうですね。

どうやら、逃げ馬に仕立て上げていくらしいので、競馬を教えてあげてください。
横山ジョッキー、よろしくお願いします。

という感じで、デビューしたらしたで、問題児ばかりで何だか楽しいです。
クラシック云々なんて考えていませんので、全く焦りません。
3頭とも、どうやら走る能力はありそうなので、徐々に課題を克服して行って欲しいです。

昨年、ウムブルフが未勝利戦を勝ってくれて、我が家は未勝利戦未勝利は脱したのですが、かみ合えばいつかは勝てるだろうという感じでした。
今年の2歳馬たちのように、一歩一歩、成長して行けそうな馬は初めてなんですよね。
本当に楽しみです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« スターズインヘヴンについて | トップ | 2歳馬たち(その後) »

●日記」カテゴリの最新記事