イスラボンの競馬食べ放題

愛馬についてのあれこれを記録する日記です

ルージュバック、ヴィクトリアマイル惨敗

2017-05-14 22:21:14 |  ルージュバック
今日のルージュバックの気配は、悪くなかったと思います。
装鞍所からパドックまで集中していて、ほど良い緊張感に見えました。
入れ込むこともなく、これなら良い勝負ができると思っていたのですが…。

スタートも良かったですし、なぜ、全く外に出せなかったのでしょう。
公式サイトのコメントを読んでも、今日は外に出そうと思っていたようです。
外に出すことすらできないのでは、前がつまる以前の問題です。
さすがに、これで乗り替わりは確定でしょう。

それにしても、ルメール騎手のレース振りはすごかったです。
良いものを見せてもらいました。

他の騎手はミッキークイーンを意識していたのでしょうが、ルメール騎手だけは、馬の能力を出し切って勝つためのレースをしていました。
絶対的な人気馬が凡走して、他の馬が道連れになる典型的なレースだったと思います。

現地で見た時には、後ろにいたはずのルメール騎手が、いつのまにか前にいたのでビックリしました。
録画を見ると、4コーナーで内をついて最短コースを通って前に出て、直線では一番伸びていた真ん中を突き抜けています。
ゴールドシップの皐月賞ほどではありませんが、ステイゴールド産駒の気持ちの強さと馬場適性があればこそのレースでしょう。
今日のレースを見て、安田記念のイスラボニータが楽しみになりました。

ルージュバックの運のなさも、痛感しました。
昨年はルメール騎手が乗って負けて、今年は昨年勝った戸崎ジョッキーが乗って負けました。
巡り合わせが、悪過ぎます。

この後は、どうするんでしょうか。
エプソムカップの連覇を狙っても仕方ありませんし、このレース振りでは、安田記念という話にもならないでしょう。
難しいですね…。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ルージュバック、4枠7番 | トップ | 東京競馬場の芝コース »

あわせて読む