ISLAND日記

点在する日々のつぶやき…

小さな猛禽

2017-04-04 17:14:42 | 暮らし
お昼少し前、ふと窓の外を見上げたら・・

何かいる〜、鳩?...にしてはちょっと形が?
ズームで見てみると。

うわっ、猛禽類だ!!
なんだかこちらを見下ろしてるっぽいなぁと思っていると・・

下りて来ちゃいました!?

そして梅の木に


【ハイタカ】
 タカ目タカ科 英語名:Sparrowhawk
 32cm〜39cmほどのだいたいハト位の大きさの小型の森林性のタカ
 オスは背面が青灰色で、メスは灰褐色。
 腹部はオスはオレンジ色の羽毛が少し入り、メスは白く縞が細かい。
 鷹狩りに用いられた。


今日来たのはメスのようです。

可愛い顔をしてるけど、とても腕のいいハンターです。

だけどこんな辺りに何もないような住宅地にやって来るんですね。
たぶん冬場は民家の餌台に来る小鳥を狙っているのでしょう。
他の季節は畑に来る小鳥かな。
うちの近所には結構家庭菜園があるから。

実は2月の初めに雀が狩られてしまったのです。
ハイタカのオスでした。
哀しかったけれど、それぞれ生きる為には食べなくては・・自然の摂理。

その後も小鳥たちは用心しながらここを含めてあちこちのえさ場で冬の暮らしをしているようでした。
ノイバラレストランももうすぐ閉店です。
雪が融け土の地面になり、虫も出て来たから小鳥たちも自分たちで食べ物はまかなえる。
水盤での水の提供は続ける予定です。
『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福寿草の咲く頃 | トップ | ふきのとう味噌 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハイタカ (桜 源八郎)
2017-04-04 19:13:16
かっこいい!!
鳥にはあまり興味はないほうなんだけど猛禽類はカッコイイので好き!
とはいえ、レストランに来るお客さんを狙われるのは店主としては辛いところですねぇ。
それが食物連鎖、自然の摂理とは理解しててもそれを目にするのはねぇ・・・
桜殿 (SHIMA)
2017-04-04 22:15:55
取りあえず♂♀どちらも見ることが出来ました。
ほんとに店主としては・・まさか狩りの現場を目にするとは思いもしませんでした。
でも食物連鎖を考えればそれが普通なんだって事をも判りました。
小鳥たちの身のまもり方も種類によって随分違うことにも気づいたし、学ぶことは色々あります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。