ISLAND日記

点在する日々のつぶやき…

MA-SA-YO結成20周年記念ライブ

2016-09-23 08:44:13 | 音楽

9月18日(日)『MA-SA-YO結成20周年記念ライブ』に行ってきました。
場所は旭川のミュージックカフェバー アーリータイムズ
前回2009年にここでライブをやって以来、7年ぶり♪
(その前の2007年の「MA-SA-YO10周年記念ライブ」は旭川アピスホールでした。)

お店に貼ってあったフライヤーはこちら..

みんな若くて楽し気に盛り上がってる。
今は離れているメンバーがいるから時々しか集まれないけど長く続いているバンドで友達、いいなあ。

レパートリーはガロ・アルフィー・かぐや姫等をバンドのテイストで表現しつつ、オリジナルの雰囲気も一緒に再現する巧者たち。
今回も観客をつかむトークと一緒に存分に楽しませてくれました。

《セットリスト》
 01. 学生街の喫茶店
 02. 魔法の赤ちょうちん
 03. ロマンス
 04. 虹色のラベンダー
 05. 風の館
 06. ウッドストックの夏
 07. Pale Lonely Night(with みたたかし)
 08. 明治チェルシーの唄
 09. 岬めぐり
 10. 無言劇
 11. ベルリンの霧
 12. 挽歌
 13. 地球はメリーゴーランド(with One-Trick Pony & みたたかし)

アンコール
 マキシーんじのために
 おもかげ色の空
 過ぎ去りし日々


ゲストの2組は首都圏から、どちらもGAROファン繋がりの仲間。
GARO曲でのコラボは息もぴったり♪
今回はGAROのマークが2年前の冬に亡くなり、追悼の意も兼ねてかマークの曲が5曲(+α?)入っていました。
遺作となった2013年発売のマーク from GARO名義のアルバム「時の魔法」から、新曲の「虹色のラベンダー」「Pale Lonely Night」が聴けたのは嬉しい驚きでした。
GARO時代の歌は体に染み付いてるように懐かしいけれど、晩年に発表された曲もこうして思い出になっていくんだなとしみじみと思いました。
明治チェルシーの唄」は爽やかなコーラスのCMソングとして耳に残る1曲です。
そしてなんとMA-SA-YOから本物のチェルシーのプレゼントが!(笑)
グッドフレンズ時代の「ウッドストックの夏」はMA-SA-YOのコーラスの方が綺麗な気がする・・ハーモニーってメンバーの声質によって随分違ってしまうから、好みの問題とも言えるのだけど。
また聴きたい曲の1つになりました。
毎回驚くネタのある「岬めぐり」に、キレのいいギターとコーラスのアルフィーのカバー曲等でMA-SA-YOワールドをたっぷりと楽しませてもらいました。



ところでライブの中でMA-SA-YOは20周年だけど会場のアーリータイムズも20周年でしかもそのこけら落としのライブがMA-SA-YOだった!という話がありました。
え、ほんとに?!まさにアーリーと共に歩んで来たMA-SA-YO。
その確たる証拠をSAさんから入手しました!!

平成9年(1997年)4月6日(日) First Live at Eary Times
お店のスタートは前年1996年12月で、この日が初ライブになったようです♪
すごいね〜


さてここからはゲストのご紹介。

ONE-TRICK PONY

”歌の妖精”みゅうちゃんとリーダーで”時の旅人”彩文 透の『愛と平和のビューティフルフォークデュオ』
さいもんさんの作る曲とみゅうちゃんの愛らしく優しい歌声に癒されます。

 01. ピンク色のワニの背にのって
 02. 初恋のメロディ
 03. 雪のひとひら
 04. バイヤルララ~グランマの家へ~
 05. 空色のライオン
 06. 冬☆星空
 07. またあおうね

「初恋のメロディ」生前交流のあったGAROのマークからのプレゼント。
マークの曲にさいもんさんが歌詞を付けています。ファンみんなにとっても宝物になる歌。
4.5.6の曲は地元旭川のベーシスとタンク宮本さんのサポートで、ちょっぴりバンドっぽい音のワントリが聴けました。


そして「またあおうね」で再会を約して。
 *ONE-TRICK PONY ホームページ

みた たかし

埼玉からやって来た、”GARO曲なら何でもござれ”なギターの達人さん。
でも今回はオリジナル曲とさだまさし曲を披露。
オリジナルの「演奏ツアー」はGARO奈雰囲気もあり楽しい曲、吉田正美さんファンの斉藤さん(SA)の弾くリードギターとのグレープの再現も懐かしく聴きごたえがありました。
MA-SA-YOとマークの曲「Pale Lonely Night」にエレキギターで参加。

音楽仲間っていいなって思うライブでした。
最後は出演者全員でトミーの「地球はメリーゴーランド」の大合唱。
ラ〜ラララララララ〜♪は知らないお客さんでも歌えるものね・・哀しみ喜びすべて乗せて♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シン・ゴジラ

2016-09-07 23:53:00 | 映像
7月末に公開の「シン・ゴジラ」、9月に入って(9/2)漸く観てきました。
なんだか平成ゴジラとして最高の観客動員数になってるんだとか?
パンフレットは既に売り切れてて予習も復習も出来なかった。(もう入荷の予定もないそうな)
リピーターも多いようで、さてその魅力は?

最初の方は上の方の人たちによる会議でほぼ事が進んでるので画面的には退屈。
頭の中を「踊る捜査線」の音楽や台詞がまわる私・・「事件は会議室じゃなくて現場で起こってるんでしょー?」って。。
そこを乗り越えるとちょっとした仕掛けとともに話が動き出す。

東京湾から蒲田に上陸し突き進むゴジラ(の幼体)、成体になると火炎や光線を放ち破壊力が増す。
破壊される大田区(主として蒲田)品川区鎌倉..
まだ名前はなくて正体不明の巨大生物として扱われるのですが、これが本当に得体の知れない怖さがあった。
観客側としては最初から「ゴジラ」それも初代から続く色々なゴジラを観て来てるのだろうけど、映画の中の世界では皆が初めて遭遇する怪物。
その暴れ方は自然の脅威とも、異常な人工的災害とも見て取れる。
そしてそれを阻止する武器が『今現在実際に使われているものや見慣れているもの』なのが面白かった。そこがユニークでリアル!
この辺りを、観て来た人と一緒にたくさん喋りたい。(笑)

BGMには歴代のゴジラ映画で流れていた音楽が使われていたり、総監督&脚本の庵野秀明氏の代表作「エヴァンゲリオン」を思わせる事柄が随所に見られたりと、オタク心をくすぐるような物が盛りだくさん。
だからもっとポイントを絞って各所を観てみたくなるのかも?
また観たいって確かに思う・・

これそのまんまアニメにしても違和感の無い画面構成や台詞回しな気がする。
でも俳優さんが演じてるから、その存在感が映画に深みを持たせてくれてるんだろうな。。

☆「シン・ゴジラ」公式サイト〜 http://www.shin-godzilla.jp/index.html


○おまけ
この日乗った札幌行きの快速エアポート、ラッピングカーでした。

日本ハムファイターズの大谷翔平選手が「さあ出かけよう!僕のふるさと東北へ。」と北海道新幹線での旅を誘っていました。(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

電線に・・

2016-08-27 14:55:19 | 暮らし
朝朝8時頃、ふと窓の外を見ると鳥の群れが電線に並んでる。。


遠目に見た感じだとムクドリのような?尾羽の形とかね。
白っぽいので(椋鳥は黒っぽい鳥)、幼鳥なのかな?と。
ズームで撮って見ると・・

目がまんまるで可愛い。お腹は真っ白。
よくわからないでいると、息子が写真を見て「コムクドリじゃない?目の辺りとか似てる」

あ、なるほど!!でも頬の色とか柄が違うような?
調べてみたら・・コムクドリの幼鳥かも!?
どうやら親離れした鳥に見られる若鳥の群れらしいです。(成長もいるのかな?)
こんなにたくさん一緒にいるのを見たも初めて。
下を自転車に乗った男の子が通っていったらパッと飛び立ってどこかに行ってしまいました。
嬉しい朝の鳥見♪

はらっぱ便り
皮を脱いだばかりの色の薄いヒメクサキリがいました。
まだ柔らかくて弱々しい感じ。

随分大きくなってます、これは♀。
あとどのくらいで産卵するようになるのかな。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

支笏湖2016夏

2016-08-14 15:30:27 | 散策
わが町にある観光地、支笏湖!
支笏洞爺国立公園
観光地としては洞爺湖の方がまわりが開けているし色々な施設もあるので観光ルートとして定番で有名。
複数の旅館やホテルが建ち並ぶ支笏湖温泉はここ数年再開発して綺麗になり、観光客も地元民も行って楽しい場所になりました。
(対岸には支笏湖で1番古くからある老舗の1軒宿「丸駒温泉」があります。)
今回はほぼ1年ぶりになってしまったけど、快晴の行楽日和に賑わいを楽しんできました。
気候はまさに北海道の夏。強い陽射しに爽やかな風、低〜い湿度!

青空いっぱいなら水中観光船、お薦めです!

支笏湖ブルーがとても綺麗〜

水の中にはエゾウグイやヒメマスが。


それと珍しい柱状節理

溶岩が中激に冷えて出来た柱のような岩が崖のように連なっているのが水面下でも見られます。
支笏湖が火山の噴火で出来たカルデラ湖だからこそ。

快晴で湖面の美しさもひとしお。

こういう所があって..

その横を走る観光船。
場所によって湖面の色合いが違います。

船尾から撮影。色が変わっていくのを見るのも楽しい♪
 支笏湖観光船ホームページ

そして支笏湖温泉に戻り昼食。

レイクサイドキッチン・トントンにて「店主が釣った姫ます弁当」
支笏湖のヒメマスの甘露煮・フライ・お刺身。
やっぱりお刺身が最高!柔らかな甘味があって美味しい。
同行の息子は姫ます刺身定食を堪能してました。
今はヒメマス漁解禁シーズンだから天然の生のヒメマスが食べられます♪

さてこの辺りの水辺は降りられる所が限られているので、ここから車で対岸に向かってポロピナイへ。
ここは以前は「ポロピナイキャンプ場」だったけれど、現在は閉鎖されています。
そのかわり観光センターが運営されていて軽食もとれ、釣り等も楽しめるようになっています。
入り口近くに『支笏湖観光センター/ポロピナイ』の看板がありますが、意外と気づかれない?
ちょっと車を止めての休憩にもいい所です。

この日は水辺に所狭しと簡易テントが張られ、こどもたちが水遊びを楽しんでいました。

海みたい〜〜(笑)

釣り舟もいっぱい!

1時間単位で釣り竿だけ借りて楽しむことも。
もちろん自前の釣り人もいるようです。


あ、キッチン・トントンの船だ!(笑)


ワンコも連れられて来てました。波にちょっとおっかなびっくり?

《支笏湖写真集》※画像はクリックすると拡大されます



◎支笏湖ヒメマスサブレ
お土産お菓子。

支笏湖漁業協同組合とmorimotoのコラボ商品。

ヒメマス魚醤「姫しずく」を隠し味に使ったクッキーで支笏湖限定品の赤パッケージ。
道の駅サーモンパークで売られてるもう1つの「ヒメマスサブレ」は青いパッケージ。
サブレの形は同じ。。

注目して欲しいのは、サケ科の魚にある「脂鰭(アブラビレ)」がちゃんと表現されていること。
背びれが体の真ん中付近にあってその後ろにアブラビレがついているのは鮭科です。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒマワリ

2016-08-11 22:15:19 | 暮らし
長雨と日照不足で夏が遅かったせいか、ご近所のヒマワリは例年に比べて小さい。
私の背より大きいのがあんまり見られない。
でもやっと気持ちよく晴れた太陽の下で、夏の花らしさを振りまいてます。

畑の一角に植えられてるヒマワリ、後ろに見えるのはトウモロコシ、もう実が確りついてるのはさすが!
見上げるようなひまわりが黄色く光りながら青空をバックに咲いてるのが「夏」って感じなんだよね。
と言いつつ自分ちには植えてない・・畑ですくすく育つここのヒマワリを毎年楽しみにしてるわけです。(笑)

横顔(?)も撮ってみました。

ん〜〜、何かに似てるんだけど、何かを思い出すんだけど?
ウルトラ?(^^;


後ろ姿がどこか淋し気に見えるのは私の思い込みか..

はらっぱ便り
草の陰で見慣れない虫が交尾してました。

調べてみたら、ヒトリガのなかまで「カノコガ」
名前の由来は羽が鹿の子模様だから。子鹿と言えば白い斑点..なるほど。(笑)
見た目は蜂っぽい、ちょっとドキッとするけど羽が蜂とは思えなく・・昼行性の蛾。
幼虫成虫とも毒は無し。


こちらは多分「ヒメクサキリ」のこども。
まだ羽が殆どない、これから秋に向かって大きくなってまた来年に向かって繁殖する。
短い夏のあいだ、短い命の虫たちが子孫を残す為に忙しく暮らしている。
こんな小さな庭の中でも。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

そこにあるもの

2016-07-26 10:21:24 | ノート
陽に輝く黄緑色、ライトグリーン、若草色。
ここは以前は奥に大好きだった「防風林のようなもの」があった場所。
その前にある広々とした土地は今は緑の草原(くさはら)。
そこをハシボソガラスが2羽、頭を見え隠れさせながら歩いていた。
風景は変わっても心よす気持ちがあれば立ち止まりたくなる情景を呈してくれるのかもしれない・・そんなことをふと思った。


はらっぱ便り
今年はピーマンは実らなそう・・花が咲いても落ちちゃうの。
鷹の爪は無事実をつけてるので良かった。

どちらも苗は1本きりと言う、超ミニ菜園..
植えたのは5月28日

枝豆はどうかな〜?(^^;
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ジューンベリージャム2016

2016-07-13 23:16:32 | 暮らし
ここ数年庭のジューンベリーの実で毎年ジャムを作っています。(実り始めたのは2012年から)
出来立ての温かいジャムを舐められるのって、手作りならでは♪

味見した生の実はほの甘い。
これで種が多くなければ、たくさん食べちゃうんだけど。
ジャムやシロップにして楽しむのが定番とのこと。


黒っぽくなっているのが食べごろの実。


収穫〜、約300g。

これに今年は少し砂糖を多めに入れて、お鍋で煮て、裏ごしして、再びレモンを入れて煮詰めると出来上がり!
作り方は以前に(写真入りで)記事にしています。
こちら→『ジューンベリージャム

とろ〜りとした美味しいジャムが出来ました。


ジューンベリーの開花は4〜5月で実がなるのは6〜7月。
気候に寄ってちょっとずれる訳だけど「ジューン」は「june」で6月のこと。
6月に食べられるベリー、甘酸っぱくて美味しい季節の恵み。

7月と言えばもう1つ、ラベンダーの花咲く季節です!
富良野のラベンダーは今が見頃、有名になったね〜。
我が家のラベンダーは小さな株がいくつかある程度だけど、一昨日辺りから蕾が開いてきました。

ラベンダーが日本に伝わって来たのは江戸時代末で、その頃は『ヒロハラワンデル』と呼ばれていたそう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

北海道サイコロキャラメル

2016-07-05 23:55:41 | 
明治製菓が生産&販売終了した「サイコロキャラメル」が、北海道のお土産品として再出発!
製造&販売は道南食品株式会社
函館にある”株式会社明治の100%出資の関連会社”だそうです。

なぜこれが北海道ブランドを目指すかというと、実は北海道発の人気番組「水曜どうでしょう/サイコロの旅篇」で使われてたから、水どうファンにとっては絶対残して欲しいアイテム(?)なんですね〜。
それにネットの声を見ると結構このキャラメル自体のファンも多い・・ならばぜひ北海道に来られたおりにお土産として買っていかれたらどうか?ってことかな。

ところでその「サイコロの旅」とは?
1996年に始まった「水曜どうでしょう」の最初の企画!
東京に別の仕事で行った時に、そこから札幌にどうやって戻るかをサイコロキャラメルを振って決めるという。

一応6つの選択肢はあれど、その都度の交通手段や行き先サイコロまかせのあてのない旅。

記念すべき第1投は白い明治サイコロキャラメル。(因みにこの時出た目は3)
 ※上の2点の画像はネットの動画から

ということで生まれ変わった、いや包装が変わった?「北海道サイコロキャラメル」は果たして北海道ブランドとして定番品になれるのか?
1つのサイコロに2個入ってます、食感もちょっと固めで舐めててもぐにゃっとは余りしなくて最後までしっかり味わえます。

美味しいよ〜〜

・道南食品株式会社HP http://www.dounan.co.jp/
・水曜どうでしょう公式チャンネル https://www.youtube.com/user/HTBdodesyo


サイコロを振ってその都度自分で何かを選びながら進んでいく・・人生もまたあてのない旅なのかも。。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いい湯かな?

2016-06-28 23:10:44 | 暮らし
...と言っても水ですよ〜。^^
実に気持ち良さそうにトプンと水盤に入ってます、スズメ。
嘴が黒いので春に生まれたチビちゃんたちではないけど、ちょっと若そうな感じです。
時々水盤のまわりが濡れてるので水浴びしてるのかなと思ってはいたのですが、今日は何分間かじっと見ることが出来ました。


こんな風に入って・・


バチャバチャバチャーを何回かくり返す♪


小鳥の水浴びは体についた脂粉や寄生虫等を落す為だそうだから人間のお風呂とやっぱり理由は同じ。
勿論鳥の羽にお湯は禁物(大事な脂が落ちちゃう)。。
小さな水盤の中でのダイナミックな水浴び!
綺麗になると気持ちいいのもきっと同じだよね。

かたやチビちゃんは・・

小さな畑のところで砂浴びして埋まってました。(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎おまけ
桜源八郎さんがトップ写真を記事タイトルにぴったりにして下さいました♪(笑)

いい湯だな〜♪(ハハハン)』
ありがとです〜
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

このこはだあれ?

2016-06-21 22:33:30 | 暮らし
今の時期しか中々見られない野鳥の幼鳥・・今日も1羽ひよっこさんを発見!
さてこのこの親は誰でしょう?

大きさや歩き方からだいたい見当をつけて・・
地面を長い尾羽を上下に降りながらちょこちょこ歩いてたの。^^
さぁ、開けた地面をよく歩く鳥といえば!(笑)

ハクセキレイで〜す!

成鳥はこちら。

嘴の黄色いひよっこさん。
近くに親の姿はなかったので、もう巣立ちしたんだね。

まだ全体は薄いグレーで少し黄色がかかってる。
これからだんだん黒くなっていくはず・・薄い色は保護色ってことか、土や砂の上でたぶん目立たない。

この形はなんだかアヒルっぽいなぁ。(笑)
無事に育ちますように♪

そして虫のこどもも・・

ノイバラの所にナミテントウの幼虫。
好物のアブラムシ、いっぱいいるからどんどん食べてね〜肉食だもの...
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加