ISLAND日記

点在する日々のつぶやき…

I wish...十二の月の物語

2017-03-20 23:13:50 | 暮らし
3月19日札幌に教育委員会ホール出行われた『第10回さっぽろ市民ミュージカル」を観てきました。
 [制作]演出/金田一 仁志 音楽/細谷 美也子 ダンス指導/満藤 弘
これは既成のひとつの劇団による物ではなく、上演ごとに市民等から広く出演者を募って開催されているそうです。
今回その出演者のひとりからお誘いがあり、演目にひかれたこともあり、行ってきました。

この「I wish...十二の月の物語」はロシアの作家マルシャークの戯曲「森は生きている(原題:十二月)」を元にリライトされていました。
実はこどもの頃にやはりこの「森は生きている」の舞台を観たことがあるように思うのです。
はっきりとは覚えていないのだけど・・
でもその話がおもしろかったことから、当時母にその原作本を買って貰って読んでいたことは、その本が手元にあるので確かなのです。。

【あらすじ】
気紛れでわがままな女王が新年を前に真冬の最中に4月に咲くマツユキ草(スノードロップ)が欲しいと言い出し、「籠いっぱいのマツユキ草を摘んで来た者にはその籠いっぱいの金貨をあたえよう」というおふれを出します。
欲にとらわれた継母とその娘が、継娘にマツユキソウを摘んでこなかったら家には入れないと行って追い出します。
森の中で凍えそうになった娘は焚き火を囲む十二の月の精たちと出逢い・・


アマチュアのお芝居をホールで観たのは初めてかもしれません。
ストーリーはほぼ原作をなぞっていて(勿論違う所も数カ所ある)、重たい話しの中にコメディ的要素もふんだんに取り入れられ楽しく判りやすく、またカラスを狂言回しとして使っていたのが面白いアイディアでした。
出演者の中でその演技が抜きん出て印象的だったのは、主人公のターシャ、女王、博士の3人で、彼らが出て来ると場が引き締まるように感じました。
ターシャ役の女の子は調べてみたらアクターズスタジオジャパンの研究生でまだ14歳・・主人公と同い年でした。
将来が楽しみな演技力だったと思います、声や喋りの感じがどことなく石原さとみに似てたかな?
他にも気になる演技や踊りをしていた人も何人かいましたが、十二の月の精の中では12月の精と、ターシャの相手役でもある4月の精はなかなか存在感がありました。

ところで原作では「マツユキソウ」と呼ばれていた花は本作では「雪割草」になっていました。
北欧で自生するスノードロップは日本では園芸種なので、日本の雪国の早春を彩る山野草の花であり実際の雪割草(キンポウゲ科ミスミソウ属)の花以外にスプリングエフェメラルの総称的言葉としても使われることもある「雪割草」を選んだのかなと思います。
なので劇中の造花の色は黄色だったので道内でよく見られる福寿草だったのかもしれない?

会場まで大通公園を歩いて行ったら、だいぶ雪が融けてイチョウの木の根元には秋に落ちて雪の下にあった銀杏がゴロゴロと転がっていて、上を見上げれば、キタコブシの蕾が膨らみ始め、春の足音も聴こえてきそうな日曜日の午後でした。


はらっぱ便り
家の壁際も雪が融け、例年通りふきのとうが顔を出しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よつばのクローバー

2017-02-28 23:56:31 | 
「四葉のクローバー」というと、ガロファンだとアルバムGARO2に入ってる歌が浮かぶけど、こちらは隣町の恵庭にあるパティスリーの名前。
黄緑色のよつばのクローバーのロゴが目印のお店。
 ※ホームページははこちらをクリック→ 

先日友人とランチした帰りに初めて行きました。
ここのケーキは2〜3年前に1つ頂いたことがあって美味しかったので気になっていたのですがなかなか行かれずに・・今回念願かなって!
ここを教えてくれた友人によると、「まず最初に食べて欲しいのは生クリームを使ったもの、甘さ控えめの大人な味が特長。このクリームの味は他では中々味わえないから」と言うことでした。
言われなくてもショートケーキは選んじゃうけど、その中の「あまおういちごのショートケーキ」を。(トップ写真)
大きくて甘酸っぱいイチゴが上に載ってるだけでなく間にもしっかり入っていて、クリームと一緒に口の中が美味しいイチゴミルク!
それとクリームは本当に甘さ控えめで柔らかく、ほんわりとミルク味。美味しかった〜♪


こちらは「生チョコサンド」
ふわふわのスポンジに味の濃いチョコクリームがサンドされてます。
くるんと包装されていて、2〜3日保つそうなので手土産にいいかも。

最後は期間限定の「よつばぷりんいちごみるく」

プリンの上にイチゴのブラマンジェが載ってました。
なんかお洒落。(笑)
期間限定の春のスイーツだそうです、イチゴだもんね♪

また買いに行きたいな。^^


「この世界の片隅に」こうの史代 双葉社アクションコミックス

映画が評判になっているアニメの原作漫画。
第二次世界大戦中の呉市が舞台。
やはりこうのさんの作品で実写映画になった『夕凪の街 桜の国』は胸が締め付けられるような哀しさがあったけれど、こちらは戦時の生活の中でつらいこと苦しいこともだけれど、普通の悩みや楽しみ、喜び哀しみがあることを淡々と描いていて、どこかホッとする話でもありました。
映画はどうなのかな・・いつか観ないと。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キャベツくん

2017-02-24 19:44:29 | アート
1月末頃からちょっと体調を崩して、ブログの更新もとまったままでした。
体力と気力が無いとなかなか記事をまとめるって出来ないんだなと実感。
ひと月ぶりの更新は大事な制作の記録。

2年ほど前からおはなしぐるんぱで長新太さんの「キャベツくん」をパネルシアターに出来ないかという話がありました。
こどもたちに人気の絵本です。
去年の4月に『今年度は必ず作って演じてみましょう』と言うことになり取りかかることに。
ところで今の時代、まずは著作権物使用許可が必要だそう。
「営利目的ではないとはいえ、きちんとしておいた方が良いですよ。」と上演する場である図書館の職員さんに勧められたので、出版社にFAX申請しました。

『こどもたちに人気の「キャベツくん」絵本からパネルシアターにおこして演じたいと思います・・・よろしくお願いいたします。』

文研出版の児童図書部さんからの返信は以下のように書かれていました。

『絵本を出来るだけ忠実に再現していただき、絵本のイメージを損なわないようにお願いいたします。また、上演の際には、絵本を見せて、絵本を元に作成したことを説明し、絵本の作品名、著作者名、出版社名もよみあげていただきますようお願いいたします。』

許可が出て良かった、ということで心して制作に取りかかることに・・

何をどこを絵人形にするかとその大きさを試行錯誤。

緑と黄緑のポスターカラーがどんどん減っていく・・さすがキャベツ!?(笑)

このクジラはA3の不織布を2枚使って作りました、おおき〜い!楽し〜い♪

長新太さん独特の色遣いをきちんと使って絵本全体の雰囲気が出るように、そしてパネルシアターなのではっきり見えるようにと考えて・・そして出来上がったのがこちら。

黄色と緑と青の画面の中をしめる割合が多いことで”イメージを損なわないように”というのはクリアできたかなと思うのですが?
「キャベツくん」長 新太 文・絵 文研出版詳細
 
あくまでも絵本「キャベツくん」を紹介する為のパネルシアター。
上演場所である図書館のAV室でお客さんが見やすいように、そして元になったキャベツ君の絵本も手に取って見てくれることを願って作りました。
うちのサークルだけでなく他の所でも使ってもらえると嬉しいのですが。
保存と持ち運び用の入れ物も作りました。(笑)


初上演は2月12日千歳市立図書館での合同お話し会。
地域のコミュニケーション誌に小さく取り上げられていました。

因みにそれぞれの演目は..
 日曜おはなし会しゃぼん玉「カミナリむすめ」OHP
 おはなしぐるんぱ「キャベツくん」パネルシアター
 おはなし会くりねずみ「ねずみのよめいり」ペープサート
 おはなしの会ピノキオ「三びきのやぎのがらがらどん」エプロンシアター
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ノイバラレストラン訪問帳

2017-01-23 10:11:01 | 暮らし
そもそもの初め、庭のノイバラの実をヒヨドリやツグミが食べに来たことから付けた「ノイバラレストラン」。
それからスズメ用にお米もまくようになって、ここ2〜3年はちょっと本格的に(?)餌やりもするようになりました。
最近は余り写真をアップしていなかったので、11月からの訪問客の写真をまとめて並べてみます。
日付順ではないけど、どれがいつ頃のかは見て判るかも。


これは本日のヒヨドリ
餌がまだ何もでていないので常備果実のノイバラを食べてました。(笑)


雪の上にこんなに可愛らしく立ってることも♪


赤い実をバックにシジュウカラ
バードフィーダーのひまわりの種を引き出してます。
良く辺りにたくさん落していて、それを拾っていく方が多いような気もするの..


立派なネクタイのオス。
寒い中水浴びをしたばかり、陽射しは温かいんだよね。


これは随分前かなぁ、11月のハシブトガラ、こちらも水浴びが好きですね〜♪


お水も良く飲んでます。
水盤が替わってるのは、割っちゃったから一回り大きく深くなりました。


ムクドリは群れでやってきます、赤い実食べてました。
オレンジ色の嘴と脚、そして白い腰が目印。

そしてお馴染みの里鳥スズメ

雑食性なのでほんとに何でも食べるみたい・・あ、果実は食べないか!?
お米、バードケーキ、ナッツ、ラード、どれもお気に入り。


みんな仲良く?(笑)


そして脚と背筋はとても良く伸びて、見ていてなんだか面白い。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

窓の外の鳥さんたち

2017-01-21 10:04:33 | 暮らし
この冬は雪が深いせいなのか庭のレストランに来る小鳥の種類が少ないような?と思っていた所(留鳥の常連はスズメ、シジュウカラ、ヒヨドリ)・・
昨日今シーズン初のツグミが姿を見せてくれました。

赤い実をちょっと啄んですぐに飛び立ってしまったので、見え隠れする後ろ頭を撮れただけ。(^^;
市内の他の場所、特に千歳川付近ではもう群れが良く見られていたみたいなので、離れた住宅地の我が家まで来てくれたのはとても嬉しい。
毎年の訪問者、今年もよろしく。

数日前からムクドリも時折群れでやって来るようになったような。
電線や隣家の屋根からこちらに下りて来る。

けどその為か今までわりとおとなしかったヒヨドリが結構縄張りを主張するようになり、赤い実もよく食べるようになりました。
張り合ってるのかな?(笑)

それと意外な小鳥が庭木に立ち寄っていったりも・・
実はお正月2日目になんとエナガの群れが通りかかり、楓の木の枝に長い尾羽を揺らしながら少しの間とまっていたのです。
証拠写真が撮れなくて残念
そして一昨日はアトリが!?

どちらもまた来てくれないかな、でも家で見られただけでもよかったかな〜。

昨日はスズメが雪を掘ってすっぽりおさまってたりして面白かった。

なにしてるんだか?(笑)

冬の鳥見は楽しいです♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北海道開拓煎餅

2017-01-13 11:30:17 | 
最近気に入ってるお煎餅のご紹介。

北菓楼「北海道開拓煎餅 きたまゑ」です。

ここは北海道開拓おかきで有名なお菓子メーカー。
それのえびせん・いかせん版。

増毛 甘えび

表裏でちょっと違います。
片側は海老が使われているのがよくわかる。黒い目らしき物も見えたり。
烏賊と海老どちらも味が濃厚で1枚でもなかなか満足感があります。
真いかは柔らかい甘味が、甘えびは香ばしさが強いです。
お茶請けにもお酒のアテにもどうぞ!

『増毛 甘えび』『松前 真いか』箱(12枚入) 各988円。
私は6枚入りの小袋のを買ってきました。

中身は食べちゃった後だけど、状差しみたいな可愛い形の入れ物に入ってました。
割れ防止ね。

*北菓楼HP〜http://www.kitakaro.com/
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

金色

2017-01-05 10:21:00 | 暮らし
朝、屋根に積もった雪が風に吹かれ金色に光っていました。

光のシャワーみたい!

写真は8時半頃に撮ったもの。
所謂ダイヤモンドダストではないけれど、舞い上がった雪がまだ低い所にある朝日に照らされて輝いてるのはとても綺麗。

初詣の帰りに見た川面も夕陽に照らされて金色に光っていました。


少しばかり心がワクワクするような金色の光。
平成29年=2017年 酉年 新しい年を迎えました。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

今年の10冊(2016)

2016-12-31 23:55:00 | 
  カラスの補習授業 / 松原始 植木ななせ(イラスト) 雷鳥社
  花森安治の青春 / 馬場マコト 潮文庫
  考えの整頓 / 佐藤雅彦 暮しの手帖社
  台湾生まれ日本語育ち / 温又柔 白水社
  夜の写本師 / 乾石智子 東京創元社
  暮しの手帖と私 / 大橋鎮子 暮しの手帖社
  マイナス50℃の世界 / 米原万里・写真 山本皓一 角川ソフィア文庫
  モマの火星探検記 / 毛利衛 講談社
  チーズと塩と豆 / 角田光代・井上荒野・森絵都・江國香織 集英社文庫
  アンのゆりかご〜村岡花子の生涯 / 村岡恵理 マガジンハウス

  番外:十二国記シリーズ / 小野不由美 新潮文庫

「今年の10冊」
2004年から始めて13回目になりました。
今年は2016年1月1日から12月30日までに読み終えた本121冊。
その中の「凄く面白かった本(☆印)」と、「面白かった本(○印)」の中から選んで並べてみました。(再読物は一応除外)
 ☆印5個 ○印16個 ×印は0個 

ざっと見て目につくのは、今年前半のNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」に関連した本を何冊か読んでいること。
「花森安治の青春」「暮しの手帖と私」はその主人公の二人の伝記みたいな物。
ドラマは実在の人物をモチーフとして作り上げている為お話しとしては違う所が結構あるけれど、その違いも含めて楽しめました。
「暮しの手帖」は母が買っていたので自分も読んだことがあるので、その時代背景や、色々な人が関わりその雑誌が作られていく過程を詳しく知ることが出来てとても興味深かったです。
「考えの整頓」は現在の暮らしの手帖に連載されているクリエイティブディレクター佐藤雅彦氏のエッセイ。
「アンのゆりかご」も朝ドラ「花子とアン」の原案になったもの。

番外の「十二国記シリーズ」は新刊の短編集をきっかけに新たに購入し最初から読み直してみたもの。
プロロ−グにあたる「魔性の子」とシリーズ化されてからの語り口の違いに改めて驚く。
緻密に構築された世界の全容はまだ現れてはいないので今後の展開が楽しみなシリーズです。
そしてやっぱり山田章博氏のイラスト無くてはこの世界をリアルに感じとれないかも?

「夜の写本師」は新たなファンタジーの書き手を発見!?かな。
とは言っても既に人気のある作家さんのようです。
ここからシリーズが始まっているので続けて読んでみようと思います、図書館で借りて。

あと12月後半になって、久々にアガサクリスティーを読み返していて、ちょっと嵌っています。
ミス・マープル物の人物描写に脱帽・・トミーとタペンスも好きなコンビです。そして不思議なクィン氏。
家にはシリーズ物が色々揃っているので1つ読み返し始めると芋づる式に・・なってしまうのですが、そんな再読も楽し。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスおはなし会 2016

2016-12-20 11:48:42 | 
今年もパンダくんと一緒に、クリスマスおはなし会してきました。
 おはなしぐるんぱクリスマスおはなし会
 12月17日(土)午後2時から 市立図書館 2階AV室にて

《プログラム》
 ・大型しかけ絵本「まどから☆おくりもの」五味 太郎 講談社
 ・絵本投影「しろくまのパンツ」tupera tupera ブロンズ新社
 ・ボードビル マジックショー!
 ・絵本投影「メリークリスマスおつきさま」アンドレ・ダーハン 作 きたやまようこ 訳 講談社
 ・ブラックパネルシアター「赤鼻のトナカイ/ジングルベル」

 ※上の絵本のタイトル部分をクリックすると詳細ページに飛びます



「まどからおくりもの」
この本は家にもあって、息子たちが小さい頃によく読みました。
ヘリコプターに乗ってやってきたサンタクロ−スさんがそれぞれの家にプレゼントをそっと置いていきます。
誰に何を渡すかは窓から見える様子で決めるの・・でも窓から見えてるのとページをめくった中の様子は違うみたい?
クリスマスに定番の仕掛け絵本です。
でも内容は実は小さい子にはちょっと判り難いのかも?(^^;
大きな笑いにはならないのです、なぜかなぁ?
たぶん家でお母さんやお父さんと並んでお喋りしながら見たりさわったりするのが面白い本なのかなと思います。
なので大人のあなた!本屋さんや図書館で見かけたら見てみて下さい。

しろくまのパンツ」
(私の好きな)tupera tuperaさんの絵本。
お気に入りに「パンダ銭湯」があるのですが、どちらもちょっとした驚きのあるお話し。
「しろくまのパンツ」は(「まどから・・」と同じ)仕掛け絵本になっています。
なのでほんとはページをめくる楽しみがあるんだけど、絵本投影でもその味は判るかなとやってみました。
うん、大丈夫でした!
 *
tupera tupera webサイト

”マジックショー”はメンバーのTさんが小物を使ったマジックでとても楽しいパフォーマンスを披露してくれました。


「メリークリスマスおつきさま」
少ししんみりとする静かな語り口のクリスマスのお話しです。
ねずみのマヤはお月様に小さな願い事の手紙を書きます・・かなうかな?

絵本はこういう風に映しています。
とは言っても投影機が映せる範囲が小さいので、絵本をカラーコピーして紙に貼って使っています。
BGM等少し演出も加えて。

赤鼻のトナカイ/ジングルベル
暗い中で絵人形が光って浮き上がり、皆で鈴を鳴らし歌いながら観る観客参加型のパネルシアターです。

写真は少し明るくしていますが、実際はもっと暗いです。
暗くても音出したり声出したりなら小さい子も怖くないよね?
パンダ君も参加しました。(笑)

そして最後に小さなお土産を渡して、今年のクリスマスおはなし会は終了。
お客様は23名でした。
毎月第1土曜日の1階お話しコーナーでの例会に来てくれてる親子さんの顔もあり、嬉しかったです。
足を運んで下さったみなさま、ありがとうございました。
楽しんでもらえたかな・・。
年に1度のぐるんぱ主催の大きなおはなし会、まだまだ続けていかれますように。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雪の結晶

2016-12-16 23:18:01 | 暮らし
ここ数日寒気団が居座っていて寒い寒い〜
なかなか雪積もらないなって思っていたら6日に降った雪がそのまま根雪になりました。
6日に降った雪はとてもべたべたした湿雪だったけど日ごとに寒さが増しさらさらした雪に変わって、北海道ならではのパウダースノーに。

冷え込んだ朝、雪の結晶がそのまま落ちてきます。
結構大きいので肉眼で目視可能。

上の写真は12日の朝のとってもふわふわした雪。
リビングの窓のさんに積もったのをじっくり撮りました。
樹枝状結晶という種類です。

羊歯六花が綿菓子のようにふわっと山になって積もっていました。

「六花」というのは結晶の形が六角形だから。
それが様々な形に伸び、変化して、幾種類もの花のように見えるのです。
六角柱が広がった物が角板、角板の角がせり出した物が扇状六花、扇状六花の角が幅広く突き出た物が広幅六花、中心から6本の枝が出てその間に小枝がいくつも分かれた物を樹枝状六花と呼ぶそうです。

9日の雪は小さな針がたくさん落ちてるみたいでした。

針状結晶

さらさら粉雪、積もっても箒でサッとはらえてしまう軽い雪。
上空の寒気の贈り物。

星六花


降り積もっていくとき、こんな楽しい風景も見せてくれます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加