ISLAND日記

点在する日々のつぶやき…

さよなら『防風林のある風景』

2016-05-21 17:56:39 | 防風林のある風景
               2010.8.27 17:58:55 撮影

家からほど近い所にある小さな「防風林のようなもの」。
青空を背景に緑濃くある姿、夕陽が落ちるとまるで籠の中に入っているように、晩秋には陽を受けて金色に輝き、冬の雪原での黒々としたコントラストの妙。
私には通りすがりに眺めるだけでとても心癒される場所でした・・そう過去形になってしまったんです。
先日(5/17)に通ったら、ぽっかりと何もくなっていました。

その3〜4日前にはあったのに。

歩道を歩いて近くまで・・

最初に出くわした切り株。


バキバキと折られた枝。


積み上げられてる落葉松の丸木。


これらはどこへ行くのかな?

すごく高く伸びた落葉松林は余り手入れもされているようでもなく、近年いくつか間引かれて樹影がスカスカにもなって来ていました。
その直近の住宅地の人には倒れて来る不安もあったかもしれないし、地主さんにとってもそこにある必要性もなくなってしまったのかなとも思います。(私の勝手な推察ですが..)

淋しいけどいつかはそうなるのではと感じてはいたから。
今まで心愉しいひとときをありがとう
さよなら、私の憩いの防風林 これからは心の中に♪

防風林のある風景※クリックすると今までの防風林の写真&記事が見られます
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

キビタキきたよ。

2016-05-13 23:25:44 | 暮らし
昨日、ふと庭木に目をやると何か黄色い物が目の端に。
楓の枝に黒と黄色の小鳥がとまってる!
さっそくズームレンズで追って確認し図鑑で調べてみるとキビタキ♂でした。

《キビタキ(黄鶲):スズメ目ヒタキ科ヒタキ亜科》
日本では夏鳥として繁殖期を過ごし冬期は越冬のため東南アジア等に南下する。
山地の明るい雑木林に住み、昆虫類、節足動物等を捕食。
[Wikipediaより]

キビタキ初見です!
少し嘴を開けのど元を震わせてさえずっていた様子。
主に山林で過ごす鳥だと聞いていたので、まさか家の庭で見られるとはビックリ!
(どこかへ行く途中の)寄り道?

この膨らみ方は威嚇に見えなくもないけど、なんだろ?
※サントリーの愛鳥活動「日本の野鳥/キビタキ

昨日今日と気温がグンと上がり芽吹きが進み、若葉も一気に伸びてきました。

見上げれば新緑♪


●おまけの話
図書館に行く途中の国道沿いでパンの耳をくわえたハシボソガラスを見かけました。
街路樹の根元でキョロキョロとしているのでどうしたのかなと思ったら、おもむろに穴を掘り始め・・パンをギュウギュウと押し込んでいました!
気になりながらも時間がなかったのでそのまま図書館へ。
帰りにその場所によってみると、すごくよくカモフラージュされていて、(掘っていたのを知らなければ)そこが掘られて何かが埋まってるなんて絶対判らない。
試しにあたりをつけた所の土を少しどけてみたら、ありました黒くなったパンの耳が3切れ
さてその後このパンはちゃんと掘り返され食べられたのかどうか?
次回近くに行った時に確認してみようかな。(笑)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

エゾリス換毛期

2016-05-10 22:59:08 | 散策
そろそろ桜の季節も終りになります。
葉桜多し。
先週の土曜日のお話し会の行き帰り、ぐるっと歩いてあちこちの桜を堪能してきました。
その時千歳神社の手水舎のところで見かけたエゾリスの状態が中々珍しく・・ビックリしました!

なんか背中のあいた服を来てるみたい?

冬毛の灰褐色から夏毛の赤茶へと移行中です。
エゾリスの換毛は鼻先からお尻へと進んで行くそうで、このリスは下半身がまだもしゃもしゃ〜。
長い耳毛は最後に抜けて小さい耳が現れる。

まだらな毛皮のラブリーなエゾリスさん♪
もうすぐスッキリと綺麗な姿になるね。

この時見に行った青葉公園なかよし広場の桜。

間に松の木が植わっているのが面白い光景になっています。
だんだん両脇の桜の枝に押されて来ている感じ。(笑)
冬場はクリスマスツリーのようになってる北国の針葉樹と春にピンクに咲き誇る蝦夷山桜のコラボレ−ションだけど、一体どうしてこういう植樹に?

はらっぱ便り
ジューンベリーの花が咲きました。

夏(6〜7月)には赤い実が..
今年はどのくらい収穫出来るかな。^^
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春だから・・

2016-05-04 13:43:16 | 暮らし
もう餌は出していないけど小さな水盤はあるので最近はそこで水を飲んで行く鳥もいます。
はらっぱの地面を突ついたり、木の枝先の新芽をつまんだり(それはちょっと困るんですけど〜)..
既にカップルで行動してるのも、ひとりでやってくるのも。
そしてまだ3〜5羽のグループで舞い降りて来るスズメも。
ちょっと観察していたらその中の1羽が妙なポーズをとっていました。・・他のスズメは余りそれを気にしないで黙々と何かを啄み中。

尾羽と顔を上げ翼を下げてふるわせている。

調べてみたら、これはスズメの求愛ポーズなのだそう。
スズメの雌雄は全く区別がつかないんだけど、これはオスがとる行動なのかな?
何度か見かけているうちにこのポーズのままもう1羽を追い回しているのを発見。
もう1羽の方はなんだか「つかまえてごらんなさ〜い♪」的なかわし方。。
結局飛んでで行かれちゃったけど、無事パートナーが見つかりますように。
で、家の近くで巣作りしてくれないかな、なんてね。(笑)

こちらはカワラヒワのカップル。




仲良く食事してました。
因みにまわりに落ちてるのはひまわりの種の殻、もう中身がある物は無いので何を食べているのかな?
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今年の桜は・・2016

2016-05-02 22:46:02 | 散策
蝦夷山桜、GWに咲きました!
4/27は近くの児童公園、4/28は図書館の行き帰りに中心街方面の桜を、5/1はフードDに買い物にいくついでに近所の公園や民家に庭木、防風保安林の中、そして勇舞川沿いの桜並木まで探索。
最初に咲いてたのは例年通りほくでん前の大きな桜の木、そしてグリーンベルトではの若木が花をつけているのも見つけました。
まだ全然満開の見頃ではないんだけれど初めの桜をレポ!

桜の木に囲まれた児童公園。

膨らんで来た蕾で枝がけぶってる。

ピンクの蕾♪このときはまだ全部蕾み。(※4/30ぐらいから咲き始めてました)

ほくでん前の色が濃く艶やかな桜。

とっても風が強い日で枝がユラユユラ。

ここの桜が早いのは何故なのかな?日当りがいいというだけでもないような気がするけど・・?

さてこの辺り唯一の長い桜並木!トップ写真はその一角。
こちらもほとんどが蕾みだったけど、民家よりの1本が綺麗に咲いているのを発見!

薄いピンクのちょっと清楚な感じの桜。

青空に映えるね〜


はらっぱ便り

ジューンベリーの芽吹きです。
柔らかい白い毛で覆われていた新芽、中から葉と蕾が姿を現しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早い桜と・・

2016-04-25 11:19:13 | 暮らし
近くの民家の庭先で淡い色の桜が咲いていました。

色合いは蝦夷山桜系だけど葉っぱが一緒に出ていない。
なんだろう?と調べてみて・・ヒガンザクラ(彼岸桜)なのかカンザクラ(寒桜)なのか??
桜、難しい..

(品種は判らなくても)観てるとなんだか心華やぐ♪

市営住宅敷地の植栽のエゾムラサキツツジも低い位置で色鮮やかに咲いています。


はらっぱ便り
梅の蕾が少し膨らんできました。

今年はどのくらい咲くかなぁ?
チューリップも蕾をつけてるのを発見!

これから伸びていくんだよね。
今は「○○は見た!」状態。(笑)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ナナカマド芽吹く

2016-04-22 23:51:51 | 暮らし
一昨日から気温が上がってずいぶん暖か。
それにつられていよいよ木々の芽吹きも始まった様子。
綺麗な青空の下、ふと見上げると空へ伸び上がるようなナナカマドの若葉。

ちょうど私の腰の位置あたりから出ている枝があったので目をやると・・

葉っぱの間から花の蕾のこどものようなのが覗いていました。
これがだんだんとのびて大きくなって小さな白い花をたくさん咲かせます。
これは花芽と葉芽を含む、混芽という芽らしいです。
(ライラックも同じで、枝先の葉の芽が花芽を包み込んでしっかり守り育てている感じです。)

すっかり開いた葉っぱもあって、陽射しに葉を透けさせながら日陰を作っていました。

この葉が若々しい緑色に変わる頃には桜も咲いているかしら。

はらっぱ便り
庭の春も進んでいます。
これがライラックの芽。



たんぽぽ                 つくし

ノハラワスレナグサ            ミチタネツケバナ

地面にも暖かな色がついてきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハクセキレイ

2016-04-13 14:19:19 | 暮らし
雪が溶け土に地面が見え始めるやって来るハクセキレイ。
今年も早々と溶けた我が家近辺に番いで来訪。

この写真は4月6日のもの。
左上が雌、手前が雄。
隣家は黒々とした畑の土にハコベや野菜の芽が生えて来ているし、家の庭にも虫がいるのが判るようになって来た所。

ハクセキレイ(白鶺鴒):スズメ目セキレイ科 留鳥
基本的には水辺の鳥。雑食。
河川敷や農地、住宅地でよく採食している。
開けた場所が好きらしく、町中の駐車場をススススーっと移動していることが多く、「よく駐車場を歩いてる鳥」としても有名?(^^;
春になると番いで飛び回り民家の庭の土を突ついてる。

..というわけで我が家の庭にもやって来た。

成鳥♂夏羽 背面(翼)、尾、喉から胸にかけ黒々としている。冬羽の背は灰色。


成鳥♀夏羽 背面は濃い灰色、のど元の黒い部分は雄より少ない。


これはちょっと”ドヤ顔”に見えますね〜(笑)
脇の羽毛がふわふわしててとても綺麗。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

春、すこしずつ..

2016-04-05 17:08:17 | 散策
10日ほど前に行った防風保安林を昨日も覗いてきました。
トップの写真はアズマイチゲの蕾。
まだ2つしか見つけられなかったけど、早くも顔を出していました。

ここはスプリングエフェメラルが時期を少しずらしながら群生する場所。
例年だとアズマイチゲがそろそろ咲ききる頃からエゾエンゴサクが花を増やしし始めるのですが、今年はもう近くにエゾエンゴサクの葉っぱも見えていました。
混じりあって咲く率が高くなる?

エゾエンゴサクの出て来たばかりの赤い葉。

辺りにもう伸びて来て緑色になっている物もありました。


キバナノアマナの青みがかった細い葉もたくさん。
また10日ほどしたらもっと変わっているでしょう。
春の散策の楽しみです。

ふきのとうは車の行き交う道路際でもどんどん丈を伸ばして咲いています。(笑)

これは雌花かな?

静かな場所で咲いているふきのとうを美味しい春の味覚として今年もご相伴させて貰っている今日この頃♪

ふきのとうとアスパラガスの天ぷら。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シマエナガ

2016-03-24 23:56:08 | 散策
千歳川の川縁で念願の白い小鳥が見れました!
白くてモフモフした小鳥・・それはシマエナガ
(本州にいるエナガは顔に黒い眉のような模様があります。※参考:BIRD FAN エナガ
この顔が真っ白なエナガは北海道でしか見られない亜種だそう。
「エナガ」の由来は、まるっこい体についてる長〜いしっぽが柄杓のようだからで「柄長」。(笑)
「シマエナガ/島柄長」の「島」は北海道のこと。

ちょっと遠目だったので素早い動きにズームでついて行けず、撮れたのは2枚だけ。
もう1枚は・・

顔隠れちゃった..
また遇えるといいなぁ、次はもっとちゃんと撮りたいなぁ。。

道ばたに福寿草。

スプリング・エフェメラル、1番乗り!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加