日本の生殖医療を世界レベルに!

男性不妊症専門医が学術活動ならびに雑感を徒然と綴ります。

2017年1月の予定

2016-12-31 12:07:31 | 日記
今年もお世話になりました。来年も引き続き頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。

2017年1月の予定です。

RCO、石川病院ともに年始は1/4からのスタートとなります。
リプロダクションクリニック東京の初診予約は2/1から予約できるようになる予定です。
ホームページをチェックしておいてください。
なお、2/1から外来診療予定が多少変更になります。1月はこれまで通りです。

外来診療
・リプロダクションクリニック大阪(予約要06-6136-3344、水金 17:00-19:30、土10:00-15:00、日祝10:00-17:00): 1/4(水), 6(金), 7(土), 8(日), 9(祝), 11(水), 13(金), 14(土), 15(日), 18(水), 20(金), 21(土), 22(日), 25(水), 27(金), 28(土), 29(日)
・石川病院(予約不要 火15:00-18:00、水9:00-12:00):1/4(水), 10(火), 11(水), 17(火), 18(水), 24(火), 25(水), 31(火)

宜しくお願いいたします。

手術はリプロダクションクリニック大阪、石川病院でほぼ毎日行っております。
お問い合わせください。もちろん週末の手術も可能です。
micro-TESE, simple TESEは日帰り手術、精索静脈瘤手術は1泊2日、もしくは日帰り手術です。

2016年12月の男性不妊手術件数
micro-TESE 19件
simple TESE 3件
精索静脈瘤手術 8件


2016年の男性不妊手術件数
TESE合計294件
うちmicro-TESE 248件
simple TESE 46件
精索静脈瘤手術 89件


ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年12月の予定 | トップ | リプロ東京での手術予約について »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お世話になりました (もとこ)
2016-12-31 13:58:12
今年はRCOに通院し、初診時に石川先生に力強く「妊娠できますよ!」と言っていただき、先日顕微授精にて無事に妊娠できました。本当にありがとうございます。先生に、夫はimmotile cilia syndromeとすぐに診断していただき、スピーディーな治療に臨めたお陰です。培養士さんや看護師さん、RCOのスタッフの方々には本当に感謝しております。

immotile cilia syndromeについてネットなどで調べてもあまり情報がなく、一点だけ、先生に質問し忘れてしまったことが気になってしまい…失礼だと思いますが、ブログコメントにて質問させていただきます。

この夫の男性不妊の症状は、子どもには遺伝するのかということです。

遺伝してもしなくても、お腹の中で成長する子どもは本当に可愛く、元気に産み育てたい気持ちにもちろん変わりはありませんが、気になってしまい、質問させていただきました。
お忙しい中すみませんが、教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。
男性不妊外来のみの受診について (とくめい子)
2017-01-02 12:52:11
こんにちは、初めてコメントさせていただきます。
今は人工授精に取り組んでますが、精子状態が悪く、ユベラ、漢方等の服用も試していますが、大きな改善はみられません。

そのため、主治医からは体外へのステップアップと泌尿器科受診を勧められています。
しかし、勧められた近所の泌尿器科は男性不妊に力を入れているとは感じられないところで、せっかく診て頂くなら専門である石川先生に、と思っています。

リプロ大阪に夫婦で通えればいいのですが、こちら九州の田舎の方に住んでいるため、体外受精自体をそちらで行うのはなかなか厳しいです。

そこで、
・男性不妊のみリプロ大阪で診てもらうことはできるのでしょうか?
・その場合通院回数はどのくらいを考えれば良いでしょうか?
・手術するような問題が見つからなく、サプリや漢方処方となった場合、定期的にそちらに通わないで薬のみ近医で貰うようなこともできるのでしょうか。

お忙しいところ恐れ入りますが、ご回答いただければ幸いです。
もとこさんへ (本人)
2017-01-03 08:56:07
原因遺伝子がはっきりわかっていないため、純粋に確率が何%とはいえませんが、可能性はなくはないです。もし心配であれば、生後しばらくして受診していただければ精管の有無は診察すればすぐわかりますよ。
とくめい子さんへ (本人)
2017-01-03 08:57:37
もちろん受診していただければ診察は可能です。通院は1回で済むと思われます。近医でもしくはネット販売で購入することが可能と考えます。
ありがとうございます (もとこ)
2017-01-03 11:59:57
お忙しい中、早速のお返事をありがとうございます。
生後の受診が可能とのことで少し安心しました。
原因遺伝子は夫自身の検査では分からないものなのでしょうか。

理解不足で、続けての質問になってしまい申し訳ないです。
ご返信ありがとうございます。 (とくめい子)
2017-01-03 13:29:45
お忙しいなかご返信いただきありがとうございます。
男性不妊外来のみでの受診ができるとのこと、また通院回数が少ないとのことで、早速リプロに電話してみようと思います。
ありがとうございました。
もとこさんへ (本人)
2017-01-03 23:10:19
CFTR遺伝子の変異であろうことは予想されますが、日本人由来のCFアレルでは、欧米人に比べて極めて稀な変異が多く、全エクソンのシーケンスの解析が必要となります。常劣遺伝ですので、男児の精管欠損はまず稀とは考えますが、はっきりとしたことはなんとも言いがたいです。なぜならCBAVD患者自体には私自身年間何例も遭遇するため、女性にも同様の変異が極めて稀とは言い難いからです。
ありがとうございました (もとこ)
2017-01-04 01:00:09
丁寧なご説明をくださり、とてもありがたかったです。
先生が書いて下さったことを何度も読み返し、自分なりに理解することができました。
リプロで治療できたこと、石川先生に診ていただけたこと、心から感謝しています。
無事に出産し、また第二子第三子の妊娠の際にお世話になりたいと思っています。
本当にありがとうございました。
Unknown (ヨシ)
2017-01-25 05:42:24
数年前に石川病院で精索静脈瘤の手術をしていただきました!以前も同じ事をお聞きしたかも知れませんが、精索静脈瘤の再発率はどの位なんでしょうか?
ヨシさんへ (本人)
2017-01-25 07:46:06
低位結紮の場合、ほとんどないと思われます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。