日本の生殖医療を世界レベルに!

男性不妊症専門医が学術活動ならびに雑感を徒然と綴ります。

VERY 12月号

2016-11-07 08:53:46 | 日記
本日発売VERY 12月号に産婦人科医宋美玄氏、三重県知事鈴木英敬氏との同世代対談が掲載されています。
男性不妊治療のみならず、今後の男性像にまで踏み込んだ特集となっています。
お手に取って閲覧いただければと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年11月の予定 | トップ | 2016年12月の予定 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-11-07 23:37:54
私は東京都在住なのですが、仕事のお休みや交通費、色々と考えて大阪まで行くのは難しいと思っていたのですが、RCTのお話を聞いてとても嬉しく思っています。
現在、主人の男性不妊により、通っている病院で顕微鏡受精を勧められているのですが、そこでの治療はお休みをしています。
RCTの開設にあたり、そちらに転院を考えていて、なるべく早い段階で治療をお願いしたいのですが、予約の手順や準備しておくものなどはありますか?
また、現段階ではどのくらいから治療が始められますか?
よろしくお願いします。
unknownさんへ (本人)
2016-11-11 09:06:58
予約などいつからできるようにするかなどはまだ未定ですが、ホームページを参照しておいてください。
3月頭から診療はまず大丈夫だと思います。
こんばんは (竹中)
2016-11-16 22:05:54
はじめましてではないのですが・・・
2008年に神戸で石川先生に主人が手術していただきました。
術後に『奥さんきっと赤ちゃんできますよ』って言われたのが今でも忘れられません。その後
2010年に産まれた娘が今春小学校に入学し毎日元気に通学しております。
御礼も言えてないので、この場をお借りして本当にありがとうございました。
VERYも読ませて頂き、本当に偉大な先生に手術して頂いて今があることに感謝申し上げます。
お忙しい日々を送られていると思いますが、これからもますますのご活躍を陰ながら応援しています。
竹中さんへ (本人)
2016-11-17 17:15:29
2008年10月ですかね。うまくいっていてよかったです。ご報告ならびに激励、ありがとうございます。
Unknown (あや)
2016-11-19 23:48:28
2014年12月にmicro-teseをうけ、Sertoli cell only syndromeという結果となったものです。

上記結果は、関東在住のため大阪まで辛い結果を聞きに行くこともできず、メールで回答を頂きました。
本当であれば先生に今後の相談もしたかったのですが、なかなか行けず、2年経ってしまいました。
2年という月日がありながら、心が整理できません。今回東京に開院されると伺い、東京の方へ手術結果を改めて伺うこと、または結果を書面で頂く事はできますか?
こんばんは (竹山)
2016-11-20 23:53:27
初めまして。
男性不妊でいろいろ検索していたところ先生のブログに辿り着きましてコメントしました。
私30歳旦那27歳で結婚して2年経っても授からないため検査を受けたら旦那が無精子症と診断されました。2回検査しましたが精子0でした。
旦那は14歳の時片側停留精巣で右精巣を切除し同時に左鼠径ヘルニアの手術をしたようです。最初は鼠径ヘルニアの手術の影響かと言われていたのですが血液検査の結果もfshが39,5と高く地元の先生には非常に厳しいと言われてしまいました。
次は遺伝子検査をやる予定ですがそれが問題なければ大阪に行き先生に診てもらいたいと思っています。まだ望みを捨てられません。
あやさんへ (本人)
2016-11-22 21:29:39
もちろん可能ですよ。当然連携はできますので。
竹山さんへ (本人)
2016-11-22 21:31:19
この場合は可能性は十分あると考えますよ。FSHの値は片側摘除していたら高くなるのは当然のことで、精子回収の可能性とは全く関係ありません。いつでも受診してください。詳しく説明させていただきます。
Unknown (竹山)
2016-11-23 12:39:53
返信ありがとうございます!!
落ち込んでいたのですが少し希望が持てました!
遠方なので来年受診予定です。その時にはよろしくお願いします。
無精子症で精巣生検(TESE)をすることについて。 (なべお)
2016-11-28 13:34:41
はじめまして、東北地方在住のなべおと申します。
無精子症の検索でブログに辿り着きました。
お忙しいなか大変申し訳ありません。ぜひ石川先生からアドバイスいただけたらと思いコメントしました。
厚かましいお願いである事は重々承知の上ですが宜しくお願い致します。

夏の終わり頃、夫婦一緒に県内の不妊クリニックへ受診したところ、主人の無精子症が発覚しました。精液検査2回、遺伝子検査&染色体検査は共に異常なし、ホルモン検査でFSHが33とLHが12くらい、テストステロンは正常値でした。触診とエコーもして特に異常はなかったと主人から聞きました。

その結果、紹介状を発行してもらい、近所にある泌尿器科で精巣生検をする方向なのですが…その泌尿器科のHPを拝見したところ、診療内容に精巣生検(TESE)の記載はなく治療実績も記載されてないので大変不安に思い、本当にそこで手術をしても大丈夫だろうかと迷いが出ています。
また通院している不妊クリニックは、常に混雑している事もあり診察の際は詳細な説明もなく、こちらからも不安や心配事も聞く事が出来ない状況のまま今に至ります。

文章だけではわかりづらいかと思いますが、石川先生はどう思われますか?
一般の泌尿器科で、とりあえず精巣生検を受けるべきか…男性不妊も専門にしているリプロのような病院で精巣生検を受けるべきか、非常に頭を悩ませております。
なべおさんへ (本人)
2016-11-29 12:16:19
現在においては、精巣生検を検査のためだけに行うのは意味がありません。その後の顕微授精まで考えた上で、治療を受けないと無駄足になると考えます。
ありがとうございます。 (なべお)
2016-11-30 23:43:18
先日コメントを投稿したなべおです。
まさかお返事をいただけるとは思っていなかったので、とても嬉しかったです。

やはり検査目的なら無駄足になってしまいますよね。
もう一度、夫と話し合い男性不妊の専門医がいる病院への転院も考えてみようかと思います。

私の住んでいる県は、高度生殖医療が出来る不妊クリニックが少ない為に選択枝がなく、男性不妊は同じ病院で治療ができないので本当に辛いです。
東北にもリプロダクションのような病院と石川先生のようなお医者様が、もっとたくさん増えればいいのにと思います。

最後まで愚痴になってしまい申し訳ありません。
本当にアリガトウございました。
なべおさんへ (本人)
2016-12-01 00:20:30
残念ながら東北には一貫して男性不妊、女性不妊をみることのできる施設がないのが現状です。しかしながら、ある程度サポートできれば、その後の治療はスムーズにいくこともあります。機会あれば、一度東京にでも受診してください。アドバイスなどできるかもしれません。最初が肝心です。よくよく考えられてください。
Unknown (なべお)
2016-12-07 23:49:40
2度にわたるコメントありがとうございます。
東北在住のなべおです。

もうここのコメント欄はご覧になっていないかもしれませんが…

石川先生のコメントの後に夫婦で話し合い、
やはり男性不妊の専門医にきちんと診てもらいたいね、という結論に至りました。
リプロ東京が開院した際には、是非お世話になりたいなと考えているところです。
これまでの検査結果も持参して参りたいと思っています。その際は宜しくお願い致します。

早く開院してぽいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。