アイシスちゃまのスイート日記

アビシニアンのルディの女の子「アイシスちゃま」(ちゃま付け必須)とママのスイートな日記、Season6です。

あなたのストレス対処法は?

2017-05-19 21:38:28 | アイシスちゃま

ストレスが溜まってるなぁ~(;´Д`)って時、アナタならどうしますか?

最近、ママは仕事がストレスフルな感じ・・・(-_-;) 薔薇の咲く素敵な季節なのに、どーしちゃったんでしょうか。

ストレスを感じるのも自然な感情なので、それ自体は問題ないとしても、休みの日までお仕事のストレスを感じているのは黄色信号ね。

仕事のストレスを感じている=その事を考えている ということに他なりません。

んじゃ、他の事を考えましょうか~!

 

昨日、庭で1匹のテントウムシを発見しました。

テントウムシって可愛いし、お洒落ですよね。

このテントウムシをじっと見つめて写真を撮っている間はストレスも心配事も感じません。

結局、ストレスな事を考えていなければストレスではないということなんですよね^^

(根本的な問題解決ではないにしても・・・・)

カリグラフィーを書いている時間や、写真を撮っている時間などは、その目の前の事にしか集中しません。

『いま・ここ』しか存在していない。

なるべく、こういう時間を多く持ちたいと切に願います。

あ、ママの癒しといえば、最上級なのはもちろんこの方!

アイちゃまは薔薇より美しい・・・アイちゃまの✳はオールドローズのボタンアイ。

ママが長いこと庭でウロウロ写真を撮っていると・・・

アイシス:『ママったら、あたくちを差し置いて何を熱心に撮ってるんでちょうか・・・(-"-)』

と、玄関からヤキモチ・ビームを送ってきます。

ママの興味の対象は自猫(アイシスちゃま)でなくては面白くないアイシスちゃま(笑) 普段は撮らせてくれないような、こんな愛嬌のあるドアップも撮らせてくれたりします。

ああ、なんて可愛いの!!!(´∀`*)ウフフ

しかし、ストレスのヤツもしつこくて、今朝もまだ少し小さな火種がくすぶっていました・・・(-_-;)

じゃあ、また性懲りもなく薔薇風呂に入りましょうか!

(今日はローズマリーも入れてみました)

(今日の薔薇はけっこう虫喰いがひどかったので、花びらは洗ってから使用)

ストレスの対処法って、やはりオーソドックスに、『自分の好きな事に集中する』、

『誰かに聞いてもらう』。

それと、アイシスちゃまとの『オタワムレタイム』ですね(´艸`*)

あ、結局、ラストはノロケになってしまった(笑) 幸せですなぁ(´艸`*)


にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« My Rose Garden 2017 ~貴婦... | トップ | 謎のマークと薔薇のボタン・... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hana)
2017-05-19 23:20:33
うんうん、思わず、深ーくうなずいてしまいました…
やっぱり休日まで仕事のことを考えてブルーになるのは
ストレスよね~^^;
一番いいのは、そういうのを考えなくていい状態なわけで、
何かに集中するとか、猫さんやバラに癒してもらうのは
いい方法ですね!
カリグラフィーといい、アイシスちゃまやバラといい、
ママちゃまは上手にストレスをコントロールしているなあって
尊敬しちゃいます^^
hana様♪ (アイシスちゃまのママ)
2017-05-19 23:38:57
hana様♪コメントありがとうございます♪
私も先日、hana様のところで(薔薇、素敵でした!)
酔っ払って、会社辞めてやる~って読んで
ああ、あるあるだな~って。
もちろん、そういうことを考えないのが一番なわけですよ。
でも、思考というものは自然に湧き出てくるので止めようがありませんよね^^

hana様も素晴らしいツールをお持ちだと思います。
お料理、ケーキ作り、薔薇&愛猫写真。猫服・・・
しかも、どれも一流☆彡

実は私、ストレスのコントロールが苦手なんです。
(カラダに出やすいんですぅ~)

誰かに話を聞いてもらったりするのって、人間社会のストレス発散には一番早い薬かも!

ブログに書くのも、心の整理が出来ていいですよね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。