恋愛、失恋で成幸!読むだけで瞑想になる「『無努力変容法則』愛の錬金術」とは!

 REBORN LIFE CARE・国際理学宗教師協会の「愛の錬金術『ダブルマイナス思考』」で恋の苦しみ、失恋も成幸に!

『我がまま』を活かすから「愛の錬金術」!!

2017-08-12 13:20:51 | 恋愛、仕事、精神世界...
質問・私は幼い頃アメリカで育ったためか、日本社会に馴染めません。

今はやりの「そんたく」こちらの本音を読んで行動しなさいという文化に嫌悪感を感じています。

だから外資系の企業に就職しましたが、
ここでも「わがままで自己主張が強い」と言われます。

恋人にも「少しは空気を読んで折れろ」とお説教されるので、言い合いになってしまいました。

自分が正しいと思うなら反論すればいいのに、しない理由がわかりません。

仕事は会社のためではなく自己実現と幸せのために行うものだと思います。

結局、彼にはふられてしまいました。今、少し寂しさと不安を感じています。

何か私の行動は間違っていますか。自分ではわからないので教えて下さい。

叡空・現象世界において、その国の法律に反さない限り『正しさの基準は「その場の人達の」幻想』に過ぎない。

日本において正しさは『関係性の中で生じる不文律の慣習』に多く見られる。

古くは「男性は外で働き女性は家庭を守るもの」。

最近でも「上司より先に帰らない」とか「社内の飲み会には和を乱さないため出席しなくてはならない」など。

この日本的「硬直した和の慣習」は子供たちの教育現場で根深い。

特に部活が温床になっている。

数日前の甲子園で手首を骨折した高校生が、ホームランを打ち試合に勝った話が美談になっている感覚にも見られる。

日本は鎖国した島国の農耕封建社会として発展してきた。

だから個より集団の価値を重視する『民族的集合無意識』が深く魂に刻まれている。

周囲の人々が正しさを感じる基準を知るには、『歴史的、民族的背景』を理解する必要がある。

アジア、イスラム圏の国々と欧米では『正しさを感じる基準』が違う。

あなたが欧米の論理的基準だけで正しさを主張しても伝わることはないだろう。

それは『早く家に帰って来て』という新婚の妻の想いに応えられない、代理店の残業夫のようなものだから(笑)

愛とは『論理を超えた関係性を観て識る』こと。

あなたが『わがまま』であっても全く問題ない。

それはハートの聲を聴いた行為だから。あなたの才能を開花させる道に繋がる。

ただ、そこに『愛の花咲く関係性の智慧』を観て識ることだ。

相手の『思いが生じた背景』を注意深く意識しなさい。

周囲の人達の思いがあなたの想いとぶつからない『ハートの開花する』想いの道を探りなさい。

あなたの想いが塞がれない場所と環境を選びなさい。

その時、あなたの『わがまま』が周囲の人達の歓びに繋がる『愛の錬金術』になるから。合掌










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『気づいても変わらず苦しい... | トップ | 『愛の別名は笑み』!!笑道は... »

コメントを投稿

恋愛、仕事、精神世界...」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。