恋愛、失恋で成幸!読むだけで瞑想になる「『無努力変容法則』愛の錬金術」とは!

 REBORN LIFE CARE・国際理学宗教師協会の「愛の錬金術『ダブルマイナス思考』」で恋の苦しみ、失恋も成幸に!

怒りは「悲しみであり恐れ」!『そこにも光の種を探す』のが愛の錬金術!!

2017-07-26 23:21:26 | 恋愛、仕事、精神世界...
質問・私は仕事が忙しいとつい彼氏にあたってしまいます。

わかっているのに辞められません。マインドフルネスもしてるんですが。

なぜ変わらないのか教えて下さい。

叡空・あなたは「自分の条件反射、『感情パターン』」を知的に「思考では」理解している。

そしてこれら反射パターンを変えようと努めている。

マインドフルネスまで駆使して。

ライブドアブログで以前に話したが、
長時間瞑想法(マインドフルネス)可能な環境でなければ『自己変容は生じない』。

それは「ボールが止まってみえるくらいの『超集中力』が必要」だから。

脳に刻まれた「反応記憶」(癖)はそれほど根深い。

知性判断よりも感情部分の『記憶反応の方が強い』のは『脳構造の上で仕方がない』こと。

だから、出家では長時間の瞑想でこの『脳回路の流れを変える』のが修業となっている。

あなたが自分を責める必要は何一つない。

『反省するなら創意工夫に意識を向ける』のが「愛の錬金術」。

日常生活をおくる人達への実践ワークが『無努力変容法則』だから。

『わかっちゃいるけど辞められない』から人なのだ。

もし完璧だったら生まれてこないはず(笑)。

知的に理解できない否定的と思い込んでいる感情は、『意味を造りに出す無意識のプロセス』から生じる。

無意識の 記憶に『条件反射する感情反応』を在家ワークで解きほぐすには、
「自分に生じた感情を『分析することなく』潜在意識に
『原因を問いかける』こと」だ。

それには最初に『なぜ、今こう感じているのか』を。

次に『どんな思い込みで、このように感じているのか』を
『ひたすら自己に問いかけ続けなさい』。

知的に『強い想いで問いかけ続ける力』は「思考の分析力よりも遥に強力に」潜在意識に浸透する。

やがて『大いなる存在の恩寵』の力でハートの答えを、顕在意識に呼び起こすこととなるだろう。

禅の公案とは、まさに『出家環境のなかで切迫した感情状態を造り』問いかけの力を強める原理だ。

一方、愛の錬金術は、恋愛を瞑想や公案に変える『非僧非俗』の無理を感じない在家ワーク。

それは、あなたが失恋し「悩み、落ち込んでいる」時の意識状態ではなく、

新たな恋に出会った時に「生じるときめき、行動の原動力」に似た創造性の源に意識を向けることに鍵がある。

これこそが、反省ではない創意工夫のJUMPになるものだから。

誰しものハートが時空を超えて望んでいるビジョンが在る。

それは『自分も周囲も共に、歓びに溢れる未来の情景』愛そのものだ。

すべての人達の本質(愛)開花を妨げている恐れ、マインドの制限・闇が『このミラクルクエスチョンで晴れてくる』。

その時、『否定的と思い込んでいた感情のなかにも
「愛の種はいつも在る」』ことに、あなたは気づくだろう。合掌












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪意に触れても『そこにも愛... | トップ | マインドの癖を見抜き、笑楽... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。