幸福の里・・・

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

住宅の敷物タタミ・・・

2017-06-19 22:10:17 | 副収入で稼ぐ

2017・06・20

 

畳の歴史
奈良時代(710~794)、
現存する畳の古いものは、奈良東大寺の、
北西にある正倉院に、
聖武天皇が使用された、

「御床畳」(ごしょうのたたみ)、
と言うのがあり、
木製の台の上に置かれ、

寝台として使われたものである。

 

 

これは現在の畳と同じように、
真薦(マコモ)を、

編んだ筵のようなものを、
5~6枚重ねて床として、
表にイ草のコモをかぶせて、
錦の縁をつけたものである。

 

 

この台を二つ並べて、ベッドとしていた、
(2370×1190×385mm)、
平安時代(794~1192)、
この時代に入って、
貴族の邸宅が寝殿造の、
建築様式・・、

(寝殿造(しんでんづくり)は、
平安時代の都の、

高位貴族住宅の様式。

 

 

寝殿(正殿)と、呼ばれる中心的な、
建物が南の庭に面して建てられ、
庭には太鼓橋のかかった、

池(遣り水)があり、
東西に対屋(たいのや)と呼ばれる、
付属的な建物を配し、
それらを渡殿(わたどの)でつなぎ、
更に東西の対屋から渡殿を南に出して、
その先に釣殿(つりどの)を設けた)。

 

 

となると、板敷の間に座具や寝具などとして、
畳が所々に置かれるようになった、

この置き畳として使われている様子は、
絵巻物等に描かれている。

 

 

そして使う人の位によって畳の厚さや、

 

 

縁についての規定があり、

その種類によって、

使う人も決まっていたのである。

 

 

京都御所の清涼殿は、

寝殿造を今に伝える建物として、
知られているがここに使われている畳は、
平安時代の、

古い制度を残している。

 

 

「夜御殿」(よんのおとど)は、
天皇の寝室で部屋の中央に、

繧繝縁(うんげんべり)の、
厚畳二枚を敷きその上に、

さらに一枚置いてそのまわりを、

大宋屏風(たいそうびようぶ)で、

囲ってある。

 

 

(230 ×835×90)、
「昼御座」(ひのござ)は、

 繧繝縁の厚畳二枚を、

 並べて敷き、上に御茵(おしとねしきもの)が、

置かれ、儀式のときだけ、

御座されたと、

言われています。

 

 

(1915×950×95)、
鎌倉時代(1192)~室町時代、

(1338)~江戸時代(1603)、
やがて鎌倉時代から、室町時代にかけて、
書院造(日本の室町時代から、
近世初頭にかけて成立した、

住宅の様式である)が、
完成される。

 

 

この頃になると、部屋の周囲に畳を敷き、
真ん中を残す使い方から、
部屋全体に畳を敷きつめる使い方に、

なった。

 

 

それまでの客をもてなす、

座具であった畳が建物の床材に、

なり始めてゆきます、
こうした贅沢な使い方が出来るのは、
貴族でも一部で、
富の象徴であったようです。

 

 

畳が貴族階級に普及し始めると、
今度は畳縁の文様によって座る人の、
階級を規定したのである、

それは「海人藻芥」(あまのもくず)、
(1420)に使用規定が記されている。

 

天皇は当時でも、

貴重な最高の織物である、
繧繝錦の繧繝縁が用いられ、
又神仏の前に座る半畳にも、
繧繝縁が使われた。

 

 

ついで親王や大臣は、

大紋の高麗縁、
公卿には小紋の高麗縁で、
僧正や僧侶や四位、五位の人は紫縁、
六位の侍、
寺社を統領する三種の役僧は、
黄縁を使うように、

定められていた。

 

 

この頃になると布団と、
畳の役割が分かれ、
小さな部屋割りに
畳を敷きつめるようになる。

 

 

桃山時代(1573~1603)から、
江戸時代へと移るにしたがい、
書院造は茶道の発達によって軽快な、

書院造それは本格的な、

格式ばったものではなく、
茶室の工夫や手法を取り入れた、
数寄屋風の、

書院造になっていきました。

 

 

茶室建築から畳はやがて、
町人の家に引き継がれてゆき、
畳が一般庶民の、

ものとなったのは、
江戸中期以降のことであり、
農村においてはさらに遅く、
明治時代になってからである。
「起きて半畳、寝て一畳」
「千畳敷に寝ても一畳」
「畳の上の水練」、

 理論や方法を知っているだけで、
実際の役には、

立たないことのたとえ。

 

 

「新しい畳でも叩けば埃がでる」

「女房と畳は新しい方がよい」

このような故事が生まれるほど、

一般に普及したのである。

 

 

この頃長屋では、
畳は長屋を借りる店子が運び込んで、
使ったと言われており、
大家が用意して、

 おくものではなかった。

 

 

それだけに畳の手入れをして、
長持ちさせる知恵を、

身につけていた、
畳み干しをこまめにして、
傷むのを防ぎ表がやけたら裏返しをして、

使っていた。

 

 

こうした習慣は戦後まで続いたが、
過密化した最近の都市では、

干す場所もなく、家具も多くなって、

畳を上げるのが面倒になり、
姿を消しつつあるのである。

 

 

其れでは亦・・・

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■愛・・・称 【青年の乃呟(つぶや)き】
■発・行・者  御料地(ごりょうち)の僕
■解・・・除  sumai@bmail.plala.or.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お金を稼ぐいろはを考える・・・ | トップ | 経営者は現状の把握を・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL