幸福の里・・・

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

教育とは如何な方法を・・・

2017-08-13 01:39:43 | 副収入で稼ぐ

2016/08/11

 

 

今日は久しぶりに、

厳しめの話を。

 

およそ世に名を残す人物は、

一定期間、厳しく、

不条理な環境に身を置いている。

 

たとえ子供時代に、

甘やかされて育ったとしても、

ある時点で師と出会い、

理不尽なほど厳しい修行を、

経験している。

 

甘やかされたまま育ち、

大事を成し遂げる者は、

一切存在しない。

 

褒められたい

認められたい

引き立てられたい

評価されたい

 

と思っているうちは、

決して成果を、

出せはしないのだ。

 

戦前はどの家庭も、

父親の言う事は絶対だった。

 

どんなに理不尽な命令も、

「はい」と言うしかない。

 

教師さえも神だった。

 

生徒たちは全員、

先生というものを怖れ、

敬い、服従したはずだ。

 

だから、

戦前生まれの日本人は、

会社という歯車の中でも、

成果を出せた。

 

それが高度経済成長を生んだ。

 

今はどうだ?

親も教師も子供の顔色を見て、

言うなりだ。

 

子供たちは勝手に登校拒否になり、

親や教師を批判し、

それを自由だと勘違いしている。

 

新入社員は上司が叱責すれば、

すぐ辞める。

 

入社式に母親が、

付き添う人もいる。

 

風邪を引いて休みますと、

母親から連絡がくる事もある。

 

それを恥とも思わず、

母親のしたいに任せる、

大人子供。

 

日本経済が破綻したのは、

バブルがはじけたせい、

ばかりではない。

 

厳しく、理不尽で、

どうにもならない悔しい経験を

してきた人が、

圧倒的に減ったのだ。

 

私とて、謂れのない事で叱られ、

理解できないのは、

家畜と同じと言って叩かれ、

養われる身で、

一切の自由はありません、

と育てられた子供時代があったから、

今がある。

 

相撲部屋も、落語の世界も、

ある一定期間、

絶対服従の経験をさせる。

 

プライドを砕かれ、

人としての尊厳を奪われ、

しかしそこを耐えて、

乗り越えた者だけが、

栄光を手にする。

 

自分の甘さを思い知れ。

 

でなければ成果を出す事は、

永久にないだろう。

 

いかにして厳しい環境を、

自ら作り出すか?

いかにしてそこに耐え、

乗り越えるか?

甘えを捨てたとき、

不屈の精神が生まれる。

 

其れでは亦・・・

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
愛・・・称 【青年の乃呟】
発・行・者  御料地の僕
また苦情・問合せなどは下記まで、

ご連絡をよろしくお願いします。
電子メールアドレス:sumai@bmail.plala.or.jp
配信責任者:佐藤 盛男
住所:埼玉県川口市電話:048-291-9187
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何事も完成させる努力が・・・ | トップ | お店をかまえると言う事は・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

副収入で稼ぐ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL