石坂ファームハウスの『都会の田舎をおすそ分け』

多摩丘陵の自然豊かな里山から、その恵みを大切にした農家の暮らしをお伝えします

枝豆・とうもろこしの種まき体験とこいのぼりの田んぼ開放

2017年04月25日 | 体験講座
新緑がきれいな時期です。田んぼの畦にこいのぼりが泳いでいます。

収穫体験は今や当たり前の農業体験の一つですが「種まき」から体験すると、収穫に一層の思い入れが出来ます。子どもたちには落ち葉堆肥の説明や種の説明をします。ちゃんと芽が出て育ってくれないと私たちも困ってしまうので、作業説明もしっかりと。作業の一端を担ってもらうつもりで指導しますので子どもたちも真剣。畑にはほかにも沢山作物が育っていますので、歩いて良い場所・ダメな場所のルールを守ってもらいます。もちろん公園ではないので「お花」摘みは作物である場合もありますので、やたらに取ってはいけません。

この時期の畑はとても賑やかで、秋に蒔いた絹さややスナックエンドウが白い花を咲かせいています。夏野菜もほとんど植え付けが終わりました。畑の散策をしながら春の畑を一回り。カモミールも咲き始めました。

そして、古民家の広場に戻ってブルーベリーとルバーブのジャム作りをして試食会をします。ルバーブはまだ認知度が低いのですがおすすめ食材です。畑でのその姿を見てからお味をお試しください。

13時までは田んぼ開放しますので、のんびりお過ごしください・・・。空の広さと新緑に癒されますよ。

日時 4月29日(土)10時集合 11時半ごろ終了 ※田んぼ開放は13時まで
参加費 1人1,500円(3歳から)同伴見学者含む(収穫は別途のイベントになります)
持ち物 汚れても良い服装・飲み物・お弁当・敷物など
受付 4月27日までメールでお申し込みください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芽が出ました!土寄せ作業 | トップ | 花盛り!カモミール摘み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL