漢字の音符

漢字の字形には発音を表す部分が含まれています。それが漢字音符です。漢字音符および漢字に関する本を取り上げます。

音符 「能ノウ」 <できる力をもつ>

2017年07月12日 | 漢字の音符
 ノウ・よく  月部にく             

解字 能力のある力をそなえた動物の象形。金文は、頭と身体らしきものの横に鳥の脚らしきものが描かれているが、何の動物かはっきりしない。(この字が熊の原字という説もある。)能の音符を含む字は、「できる力を持つ」イメージを持つ。
意味 (1)よくできる。あたう。よく(能く)。「能力ノウリョク」「能弁ノウベン」 (2)はたらき。わざ。ききめ。「能率ノウリツ」「効能コウノウ」 (3)[国]のう。能楽のこと。「能面ノウメン

イメージ   「できる力をもつ」(能・態・罷・熊・羆)
音の変化  ノウ:能  タイ:態  ヒ:罷・羆  ユウ:熊

できる力をもつ
 タイ・さま 心部  
解字 「心+能(できる力をもつ)」 の会意形声。ある物事をできるという心構えがあること。また、そのすがた・かたち・ようすの意味になる。
意味 (1)心がまえ。身がまえ。「態勢タイセイ」「態度タイド」 (2)さま(態)。すがた。かたち。ようす。「状態ジョウタイ」「奇態キタイ」 (3)わざと(態と)。わざわざ。
 ヒ・やめる・まかる  罒部  
解字 「罒(=网。あみ)+能(できる力をもつ)」 の会意。できる力のある者が網にかかったように動けなくなる意。
意味 (1)やめる(罷める)。「罷業ヒギョウ」(業務を罷めること) (2)役目をやめさせる。「罷免ヒメン」 (3)つかれる。「罷弱ヒジャク」 (4)まかる(罷る)。退出する。死ぬの丁寧語。
 ユウ・くま  灬部
解字 「灬(火)+能(できる力をもつ。能く)」 の会意。火がよく燃えあがること。一説にクマは火の精であると考えられたことから、この字を動物のクマに当てた。
覚え方 「灬(四つ足)+能(できる力をもつ)」 の会意。能力のある力をそなえた四つ足の動物であるクマ。火が変化した烈火(灬)を四つ足と見なして覚える。
意味 くま(熊)。「熊掌ユウショウ」(熊の手のひら。および、その肉)「熊手くまで」(熊の手のかたちをしたもの)「熊襲くまそ」(古代、九州南部に住んだ部族の名)
 ヒ・ひぐま  罒部
解字 「罒(=网。あみ)+熊(くま)」 の会意。網で捕獲する熊の意。網はオリの意味と思われる。
意味 ひぐま(羆)。クマ科の哺乳動物。大型で気性は荒く、しばしば人畜を襲う。胆嚢は薬用、毛皮は敷物などに利用される。日本では古くから羆を「四(し)+熊(くま)」と解釈して、「しくま」と呼んでいた。
<紫色は常用漢字>


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 部首と音符の関係 石沢 誠司 | トップ | 音符 「辰シン」 <石製の... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。