漢字の音符

漢字の字形には発音を表す部分が含まれています。それが漢字音符です。漢字音符および漢字に関する本を取り上げます。

音符 「居キョ」 <腰をおちつける>

2017年06月14日 | 漢字の音符
キョ・コ・いる  尸部

解字 金文・篆文は、「人が腰をおろす形+古(=固。固定させる)」の会意形声。人が腰をおろす形を固定させること。ひとところにずっといる意となる。現代字は、人が腰をおろす形⇒尸に変化した「居」になった。ひとところにずっといることから「おちつける」「腰をおろす」イメージがある。
意味 (1)いる(居る)。おる(居る)。腰をおろす。「居心地いごこち」「居所キョショ」 (2)住む。住む所。「住居ジュウキョ」「居宅キョタク」 (3)いながら。そのまま。「居然キョゼン」(じっとする)

イメージ  「おちつける」 (居・据・倨)
       「腰をおろす」 (踞・裾)
       「同音代替」 (鋸)
音の変化  キョ:居・据・倨・踞・裾・鋸

おちつける
 キョ・すえる・すわる  扌部
解字 「扌(手)+居(おちつける)」 の会意形声。手で物を落ちつかせるように置くこと。
意味 (1)すえる(据える)。すわる。すえおく。位置につける。「据え置く」「据え膳すえぜん」(すぐに食べられるように整えて食膳を出すこと) (2)よる。よりどころ。中国では、この意味で使うが、日本では拠キョを使う。
 キョ・おごる  イ部
解字 「イ(ひと)+居(おちつける)」 の会意形声。ひとところに落ち着いた人。一か所に長く住んで、えらそうに振るまい威張ること。
意味 おごる(倨る)。あなどる。「倨傲キョゴウ」(おごりたかぶる)「倨気キョキ」(おごるさま)「倨色キョショク」(おごった顔つき)

腰をおろす
 キョ  足部
解字 「足(あし)+居(腰をおろす)」 の会意形声。腰をおろして足をまげた姿勢をいう。訓は、うずくまるだが、必ずしも前かがみになるのでなく、腰をおろした姿勢をいう。
意味 うずくまる(踞る)。かがむ。膝をまげて腰をおろす。「蹲踞ソンキョ」(①貴人の通行に当り、うずくまって頭をたれること。②相撲や剣道で、つま先立ちで腰をおろした姿勢)
 キョ・すそ  衣部
解字 「衤(衣)+居(腰をおろす)」 の会意形声。腰をおろしたとき衣服が下に届くところ。
意味 (1)すそ(裾)。衣服の下のふち。「衣裾イキョ」(衣のすそ)「裾模様すそもよう」(女性の和服の裾につけた模様) (2)物の下方。物の端。「裾野すその」「裾分(すそわ)け」(もらい物等の端を他人に分け与える)

同音代替
 キョ・のこぎり・のこ  金部
解字 「金(金属)+居(キョ)」 の形声。キョは距キョ(へだたる)に通じる。金属製の刃の両端に柄がある切断用具。鋸(のこぎり)はもと二人で挽いて物を切断する道具だったため、両端に隔たった柄が二つあることから。
    鋸
意味 のこぎり(鋸)。のこ(鋸)。刃にこまかいギザギザがついた道具で、木材などを引いて切る工具。「鋸歯キョシ」(ノコギリ状の歯)「鋸屑キョセツ」(おがくず。のこくず)「糸鋸いとのこ」(細長い刃のノコギリ)
<紫色は常用漢字>

                バックナンバーの検索方法
※一般の検索サイト(グーグル・ヤフーなど)で、「漢字の音符」と入れてから、調べたい漢字1字を入力して検索すると、その漢字の音符ページが上位で表示されます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 音符 「勺シャク」 <ひし... | トップ | 音符 「賏エイ」<貝のくびか... »

コメントを投稿

漢字の音符」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。