漢字の音符

漢字の字形には発音を表す部分が含まれています。それが漢字音符です。漢字音符および漢字に関する本を取り上げます。

音符 「辰シン」 <石製の農具>

2017年07月16日 | 漢字の音符
 これまで多くの漢字字典は、辰を二枚貝がカラから足をだしている形の象形とし、「虫+辰」の蜃シンをオオハマグリとし、この貝が吐く気(息)によって蜃気楼が生ずるとし、私もこの説に従ってきた。2016年に出版された落合淳思氏の[甲骨文字辞典]は、辰を石製の農具の象形とし、これまでの説を覆した。私もこの説がいいと思うので、今回、石製の農具説で解字し直しました。 

 シン・たつ  辰部

  
     石製農具          石犂             石鎌
解字 甲骨文字は石の農具のかたち。文字に石の原文である厂の角が三角形になった形が含まれている。仮借カシャ(当て字)されて十二支の5番目となっている[甲骨文字辞典]。金文まで石の面影をのこすが、篆文で形が変わり、現代字は辰となった。なお、石製農具である辰は、辱ジョク(農具を手で使う)、農ノウ(農具で田をたがやす)の字にも使われている。
意味 (1)たつ(辰)。十二支の第5位。十干と組み合わせて年月日を表す。時刻では午前八時ごろ。またその前後一時間。方位では東南東。動物では龍。「辰巳たつみ」(東南の方角) (2)とき。日。あさ。「辰刻シンコク」(時刻) (3)日・月・星。また、その総称。天体。「辰極シンキョク」(北極星)「辰宿シンシュク」(星座)「星辰セイシン」(ほし。星座)

イメージ 「たつ・北極星(仮借)」 (辰・蜃・宸) 
      石製農具が「うごく」 (振・娠・唇・賑・震)
      「シンの音」 (晨)
音の変化  シン:辰・蜃・宸・蜃・振・娠・唇・賑・震・晨

たつ・北極星(仮借) 
 シン  虫部
解字 「虫(動物)+辰(たつ)」 の会意形声。たつに似た伝説上の動物。また、オオハマグリにも当てられた。
意味 (1)みずち(蛟)。想像状の動物で竜の一種。(2)おおはまぐり(大蛤)。(3)「蜃気楼シンキロウ」とは、みずち(蛟)や、おおはまぐり(大蛤)の吐く気(息)によって生ずると考えられた現象。海上や沙漠で光線の異常屈折のため遠方の楼閣や景色が空中に現れる。
 シン 宀部
解字 「宀(やね)+辰(北極星=天子)」 の形声。北極星は北の空にあり、そこを中心として星々が巡っているように見えるので、辰は宇宙の中心と考えられ、天子に当てられた。宸は天子の住まいを表す。
意味 (1)天子のすまい。「紫宸殿シシンデン」(宮中の正殿) (2)天子に関する事柄に添える語。「宸翰シンカン」(天子が自ら書いた文書)「宸筆シンピツ」(天子の自筆)

うごく
 シン・ふる・ふるう・ふれる  扌部
解字 「扌(手)+辰(うごく)」 の会意形声。手をふって動かすこと。
意味 (1)ふる(振る)。ふるえる。「振動シンドウ」「振幅シンプク」 (2)ふるう(振るう)。盛んになる。「振興シンコウ」 (3)ふり。ふるまい。「人の振り見てわが振り直せ」
 シン・はらむ  女部
解字 「女(おんな)+辰(うごく)」 の会意形声。女が身ごもり胎児が動くこと。
意味 はらむ(娠む)。みごもる。「妊娠ニンシン
 シン・くちびる  口部
解字 「口+辰(うごく)」 の会意形声。口のまわりを囲む柔らかい部分。ここをうごかして声を出す。
意味 くちびる(唇)。「口唇コウシン」「紅唇コウシン
 シン・にぎわう・にぎやか  貝部
解字 「貝(財貨)+辰(うごく)」 の会意形声。財貨のやり取りが盛んで賑やかなこと。
意味 にぎやか(賑やか)。にぎわう(賑わう)。「殷賑インシン」(盛んでにぎやか)「賑給シンキュウ」(貧民にほどこして賑わすこと)
 シン・ふるう・ふるえる  雨部
解字 「雨(あめ)+辰(うごく)」 の会意形声。雨の中をビリビリと空気をふるわせて落ちるカミナリの震動をいう。
意味 (1)ふるえる(震える)。ふるう(震う)。ゆれ動く。「震動シンドウ」「地震ジシン」 (2)ふるえおののく。おそれる。「震撼シンカン」(震え動かす) (3)「地震」の略。「震源シンゲン

シンの音
 シン  日部
解字 「日+辰(シン)」 の形声。日がのぼる前の明け方をいう。音符・辰シンのイメージは不明。
意味 (1)あした(晨)。あさ。夜明け。「晨旦シンタン」(早朝。晨も旦も、あさの意)「晨起シンキ」(朝早く起きる)「晨星シンセイ」(明け方の空に残る星) (2)とき。ときを告げる。
<紫色は常用漢字>

                バックナンバーの検索方法
※一般の検索サイト(グーグル・ヤフーなど)で、「漢字の音符」と入れてから、調べたい漢字1字を入力して検索すると、その漢字の音符ページが上位で表示されます。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 音符 「能ノウ」 <できる... | トップ | 音符 「辱ジョク」 <石の... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。