漢字の音符

漢字の字形には発音を表す部分が含まれています。それが漢字音符です。漢字音符および漢字に関する本を取り上げます。

音符「幵ケン」<たいら・高さをそろえる> と 「研ケン」

2017年08月13日 | 漢字の音符
 ケン・ケイ  干部

解字 干字の形を二つならべて、高さの同じものを二つならべた形を表し、たいらの意。新字体に含まれるとき、幵 ⇒ 开に変化する。
意味 たいらか。たかさがそろう。

イメージ  「たいら・高さをそろえる」 (研・姸・栞・笄) 
音の変化  ケイ:笄  ケン:研・妍  カン:栞

たいら・高さをそろえる
 ケン・とぐ・みがく  石部
解字 旧字は、「石(いし)+幵(たいら)」の会意形声。石や玉をみがいて平らにすること。とぐ・みがく意となる。転じて、自分をみがく・きわめる意となる。現代字は、研となる。
意味 (1)とぐ(研ぐ)。みがく(研く)。「研磨ケンマ」(研も磨も、みがく意)「研(と)ぎ出し」(みがいて光沢や模様を出すこと) (2)[国]刃物をとぐ。「研師とぎし」(刃物をとぐ人) (3)自分をみがく。「研修ケンシュウ」 (4)物事の道理をきわめる。「研究ケンキュウ」「研鑽ケンサン」(着実に研究する)(5)こする。すりつぶす。「薬研ヤゲン」(漢方薬を粉にすりつぶす道具)
姸[妍] ケン   女部
解字 「女(おんな)+幵(=研。みがく)」 の会意形声。化粧や教養をつけ、みがかれた女。新字体に準じた妍も使われる。
意味 うつくしい(姸しい)。なまめかしい。「姸麗ケンレイ」(うつくしくあでやか)「姸好ケンコウ」(器量がよい)
 カン・しおり  木部
解字 「木(き)+幵(高さがそろう)」の会意形声。山林などを歩く時、木の枝を折って(枝折る)道しるべとする意につかう。折った枝の高さが人の手のあたりで揃うから。
意味 しおり(栞)。①枝折(しお)り。山を歩くとき木の枝を折っておき道しるべとすること。②案内書。手引き。「旅の栞しおり」③[国]本の読みかけの所に挟んで、しるしとする紙片や紐。
 ケイ・こうがい  竹部
 商代の骨製笄
解字 「竹(たけ)+幵(高さがそろう)」 の会意形声。高さのそろった竹製の髪に挿す用具。たばねた髪をとめたり、冠を固定するため男女とも用いた。竹は材料の象徴で、実際は骨製が多く玉製もある。本来は実用的な道具であったが、のち、髪飾りとなった。
意味 こうがい(笄)。(1)男女ともに髪をまとめ整える為の道具。形状は細長い一本の棒で、一方の端が細く反対側の端は太くなるか飾りを彫り込んである。冠をとめるため長さの同じ複数のものを使用した。「玉笄ギョクケイ」(玉製のこうがい)「笄年ケイネン」(笄をさす年齢。中国では女子が15歳になると髪を結い、笄をさす儀礼があった) (2)[国]日本髪を整える道具。挿す飾り。髪をまとめる道具だったものが、江戸時代中期頃から次第に髪に挿して飾るようになった。「笄髷こうがいわげ」(笄の周囲に髪の毛を巻きつけた結い方)
<紫色は常用漢字>

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 音符 「屋オク」 <上から... | トップ | 音符「詹セン」<くどくど物... »

コメントを投稿

漢字の音符」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。