漢字の音符

漢字の字形には発音を表す部分が含まれています。それが漢字音符です。漢字音符および漢字に関する本を取り上げます。

音符 「黽ベン」<カエルなど> と 「亀キ」<かめ>

2017年05月15日 | 漢字の音符
 ベン・ビン・ミョウ・ミン・メン・モウ  黽部おおがえる

解字  甲骨文字は、カエルを描いた象形といわれる。また、カメにも似ており、この漢字を部首とする黽部には、カエルやカメなど水と縁のある両生類や爬虫類である、「ア」(かえる)「ゴウ」(おおがめ)「ベツ」(スッポンやタイマイなどの亀)などが含まれる。
 音符となるとき、発音を利用した同音代替で使われる。新字体になるとき、黽 ⇒縄の右辺に変化する。
意味 (1)あおがえる。 (2)(ベンの発音が勉ベンに通じることから)つとめる。勉強する。

イメージ  「発音を表す文字」 (縄・蠅・竃)
音の変化  ジョウ:縄  ソウ:竃  ヨウ:蠅
 
発音を表す文字として
[繩] ジョウ・なわ  糸部  
解字 旧字は繩で 「糸(ひも)+黽(ジョウ)」 の形声。ジョウは定ジョウ(さだめる)に通じ、墨(すみ)のついたひもを弾いて線をつけて位置を定める細いなわをいう。太いものを索サクといい細いもの縄という。新字体は、繩⇒縄に変化。
意味 (1)なわ(縄)。よりなわ。「縄文ジョウモン」「縄張なわばり」「藁縄わらなわ」(わらで編んだ縄) (2)すみなわ。大工が線を引くのに用いる墨のついた縄。「縄墨ジョウボク
蠅[蝿] ヨウ・はえ  虫部  
解字 「虫(むし)+黽(ヨウ)」 の形声。ヨウは揺ヨウ(ゆれる)に通じ、空中をゆれるようにあちこち飛び回るハエをいう。新字体に準じた、蠅⇒蝿も使われる。
意味 はえ(蠅)。ハエや近縁の昆虫の総称。「青蠅セイヨウ・あおばえ」「蒼蠅ソウヨウ・あおばえ」(体が青黒いイエバエ科の大形のハエ。うるさくつきまとう者をののしって言う)「蠅帳はいちょう」(食卓の上をおおう蚊帳状のもの)「蠅集ヨウシュウ」(はえのように群がり集まる)
 ソウ・かまど  穴部  
解字 「穴(あな)+土(つち)+黽(ソウ)」の会意。土に穴があいている土製のかまどをいい(会意)、ソウは会意の発音をあらわす。
 土のかまど
意味 かまど(竃)。へっつい。物を煮炊きする設備。「塩竃しおがま」(海水を煮て塩を製するかまど)「竃神ソウシン」(かまど神)


             キ <かめ>
[龜] キ・キュウ・かめ  亀部

解字 カメを描いた象形。旧字までは亀の絵を見るような見事な象形である。新字体は旧字の龜⇒亀に変化した。亀は、黽ベンの新字体の上にクをつけた形。亀は長寿を保つめでたい動物とされる。また、未来を予知する能力があるとされ、亀のお腹の甲羅を用いて占いが行なわれた。亀には占いに関する言葉や、甲羅が区画された模様をしているため、ひび割れるなどの意味がある。
 亀は象形文字のため部首になっているが、亀部に属する字は極めて少なく、また、ポピュラーな字はない。
意味 (1)かめ(亀)。かめの甲。「亀甲キッコウ」(かめの甲羅)「亀卜キボク」(かめの甲羅を焼いておこなう占い) (2)ひび。あかぎれ。「亀裂キレツ」「亀手キシュ」(あかぎれの手)
参考 亀は部首「亀(龜)かめ」になる。この部首の字は非常に少なく、亀・龜、以外にベツ(=。すっぽん)があるくらい。

イメージ 「かめ」 (亀)
      「同音代替」 (

 キュウ・くじ  鬥たたかいがまえ
解字 「鬥(たたかう)+龜(キュウ)」 の形声。キュウは糾キュウ(あざなう・よじりあわせる)に通じる。後漢の字書『説文解字』に、「鬥(たたか)い取るなり。読みて三合縄糾の若(ごと)くす」とある。この文をもとに「くじ」の成り立ちを想像してみると以下のようになる。
 三合縄糾サンゴウジョウキュウとは、三本の縄をよりあわせること。これに鬥(たたかう)がついたキュウは、1本の先に印をつけた3本の縄をよりあわせると、その途中で3人がそれぞれの端をもち引っ張り、よりを戻してゆく。そして最後に印のある縄を引いたものが当たりになる。よってキュウは、「くじ」の意味になると思われる。
意味 (1)くじ()。当たりを分からないようにしておき、任意に引かせて当たり外れを決めること。籤センとも書く。「鬮戯キュウギ」(くじあそび)「鬮定キュウテイ」(くじで決める)「(くじ)を引く」 (2)たたかいとる。あらそう。
<紫色は常用漢字>

                バックナンバーの検索方法
※一般の検索サイト(グーグル・ヤフーなど)で、「漢字の音符」と入れてから、調べたい漢字1字を入力して検索すると、その漢字の音符ページが上位で表示されます。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 音符 「或ワク」 <城壁都... | トップ | 音符 「風フウ」 < か ぜ > »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。