漢字の音符

漢字の字形には発音を表す部分が含まれています。それが漢字音符です。漢字音符および漢字に関する本を取り上げます。

音符 「黍ショ」 <きび> と 「香コウ」 <かおり>

2017年07月01日 | 漢字の音符
ショ <きび>

 ショ・きび  黍部          

解字 甲骨文は穂の部分が多数に枝分かれした穀物の象形であり、キビを表している。それに水を加えた形が黍の字になる[甲骨文字辞典]。水の意味については諸説があり、①降水量の多い夏の作物を意味した。②酒を造るのに適した穀物なので酒の意、などがある。私はキビ酒を連想で覚えられるので水=酒がよいと思う。金文は「禾(穀物が実ったかたち)+水(みず)」 の会意になり、篆文以後は禾の下に∧が付いた黍になった。黍は甲骨文字から存在しているように、中国で最も古くからある穀物の一つで、主に北方で栽培されていた。もち種と、うるち種がある。黍は皮を取り去った後、大黄米ともいい黍を原料とした酒は「黄酒」という。黍は部首となる。
参考 黍は部首「黍きび」となる。文字の左辺に付き、①きびの意、②もちきびの「粘る」意を表す。主な字に、黎レイ・くろ(「黍+刀の変形」の会意)。黏ネン・ねばる(黍+音符「占セン」)。黐チ・もち(黍+音符「离リ・チ」)がある。
意味 きび(黍)。イネ科の一年草。五穀のひとつ。「黍団子きびだんご」「黍酒きびざけ」「蜀黍・唐黍もろこし」(熱帯アフリカ原産の黍に似た穀物。15世紀ごろ中国経由で伝わったので蜀・唐がつく。高黍たかきびともよばれる)「玉蜀黍とうもろこし」(トウモロコシ。ポルトガル人から16世紀に伝わった。玉のように実が並んだもろこしの意)


           コウ <かおり>
 コウ・キョウ・か・かおり・かおる  香部

解字 篆文は 「黍(きび)+甘(口に含む)」 の会意。甘は口にものを含んだ形で、長く口中で含み味わう意からうまい・あまい意となる。香は、ふかしたモチ黍を口に含んだときに匂う香りをいう。また、黍=きび酒とみて、キビ酒を口に含んだときの香りと見てもよいと思われる。現代字は甘⇒日に変化した香になった。香は部首となる。
参考 香は部首「香かおり」となる。文字の左辺や下部に付いて、かおりの意味を表す。主な字は、馥フク・かおり(香+音符「复フク」)。馨ケイ・かおる(香+音符「殸ケイ」)の2字がある。
意味 (1)かおり(香り)。かおる(香る)。かぐわしい。「香気コウキ」「香水コウスイ」「芳香ホウコウ」「香辛料コウシンリョウ」(香りと辛みを与える調味料) (2)こう。香りを出す焚きもの。「香道コウドウ」「焼香ショウコウ

<参考>
 ケイ・キョウ・かおる  香部
解字 「香(かおり)+殸(つたわる)」 の会意形声。殸ケイは「声(石板)+殳(たたく)」の会意。石の板を紐でぶら下げ、棒でたたいて音を出すさまを表わし、音がつたわる意。馨は、香りがつたわる意。
意味 かおる(馨)。かおり。「芳馨ホウケイ」(芳しいかおり)「素馨ソケイ」(モクセイ科の常緑小低木。ジャスミンの一種)
音符「殸ケイ」へ
<紫色は常用漢字>

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第4回漢字音符研究会のお知らせ | トップ | 音符 「离リ」 <はなれる... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。