情報処理試験を解いてみた

久しぶりに情報処理試験にチャレンジしてみます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

H282A午前問02

2016年12月14日 | 基本情報技術者 平成...
■H282A午前問02
ある工場では,同じ製品を独立した二つのラインA,Bで製造している。
ラインAでは製品全体の60%を製造し,ラインBでは40%を製造している。
ラインAで製造された製品の2%が不良品であり,ラインBで製造された製品の1%が不良品であることが分かっている。
いま,この工場で製造された製品の一つを無作為に抽出して調べたところ,それは不良品であった。
その製品がラインAで製造された確率は何%か。
●ア:40
●イ:50
●ウ:60
●エ:75
●答:エ
-----------------------------------------------------
ラインAで600個、ラインBで400個製造された時、ラインAの不良品は12(600*0.02)個、ラインBの不良品は4(400*0.01)個になります。
不良品の16(12+4)個のうち、ラインAの不良品は12個含まれており、不良品全体にラインAの不良品に占める割合は、75(12/16=0.75)になります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« H282A午前問01(論理演算の問題) | トップ | H282A午前問04 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。