散日拾遺

御覧の通り、出入り自由の放言空間です。
コメント歓迎、ただし仕事関連のお問い合わせと悪意の覗き見には対応していません。

ビール ~ アイスクリーム ~ 犬に与えるビスケット ~ 飲める酒と飲めない酒

2017-06-17 16:35:58 | 日記

2017年6月17日(土)

 「靴でビール」の件を書いていて、ふと思い出したことがある。

 「あたし、アイスクリームのとっても美味しい食べ方、知ってるんだ」と、少女A。手にしたアイスクリームの中に唾液を滴らせながら、スプーンで入念に混ぜ溶かしていく。それを見つめる少女B、逃げ出す自由はない。

 どこで見かけのだったか、誰かの手で転載されたこの場面だけを知り原作は読んでいない。

 さらに遡る幼年期、犬(たち)と飼い主の少年(たち)とを主人公にした物語で、飼い主がビスケットに唾を吐きかけ、それを犬に与える場面があった。飼い主のものであれば、犬は別段、唾液を嫌がらない。少年(たち)がことさらそのようにしたのは諍いの後の和解の場、互いに相手の飼い犬に唾液のついたビスケットを食べさせることによって、二度と敵対しないことを約束させたのである。

 犬(たち)は逡巡の末、飼い主の叱責に押されてしょうことなくそれを食べた・・・ように記憶する。飲食物を嚥下することの象徴的な意味には、種を超えて犬に通じる超心理学的な(?)基礎がある。

 映画『セデック・バレ』でも扱われた、1930(昭和5)年の霧社事件。事の起こりは台湾原住民の結婚の宴、通りかかった日本人巡査に若者が酒を勧めたところ、巡査が不潔を嫌って相手を殴ったのが始まりともいう。現地の酒は、人が口でかんで醸したものだった。不潔・野蛮に思われようが、炭水化物を唾液アミラーゼで分解するところに合理的な理由があり、実はつい最近まで日本を含む世界各地に行われたやり方である。今でもやっているところは当然あるだろう。

 浄不浄の境はどこにあるか、イエスが喝破したとおり、人を汚すのは外から入ってくるものではないことを「噛みしめ」よう。ポイントは清潔・不潔よりも、むしろ「誰の」体液であるのかということであるらしい。またしても関係性?

 結局そこか。

Ω

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ローカリティ | トップ | a small world after all »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
口噛み酒 (被爆二世)
2017-06-19 09:16:24
映画「君の名は」で知ったのですが、口噛み酒は、日本にも奉納するお酒としてあったようですね。お米を噛んで、それを吐き出して溜めたものを放置して造るお酒で、「美人酒」とも呼ばれるそうです。
私は、子育て中、3人目ともなると、離乳食を作るのも省いて、自分の口で噛んであげていたのを思い出しました。虫歯菌やヘルペス菌が移るだの、批判されそうですね。でも、市販の離乳食より赤ちゃんは好んで食べてくれた様に感じました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL