意識の目覚め

悟り・覚醒・幸せの仕組み・心理学・瞑想。宗教ではない幸せのテキスト。

この世の経験をただするために生まれてきた

2017-04-19 06:31:07 | この世の生き方
なんでこの世に生まれてきたのか。

こんなに苦労が多いのに、ツラいことが多いのに。

そんな風に思ったことはありませんか?

かつての僕はそうでした。

***

自分の弱さもあったとは思うんだけど、当時の僕にとっては高負荷の仕事でした。

環境変化もあって、ストレスフルだったしね。

うつ病になってしまってからは、完全に自信を失っていました。

なんとか社会復帰してからも、不安・恐怖・苦悩が無くならなかった。

日々生気なく、幸せを渇望しつつ、なんとか会社に行く毎日でした。

幸せになるために、自己啓発や精神世界系の本を読み実践する日々。

***

そんな中、ある日突然「その時」が訪れたんです。

突如として自身が無くなったんです。

それでいて、静かなるいのちの仕組みが、自身を見つめていて。。

けれど、自身がいのちでいのちが自身で。。

いつもこれまでも、いのちに見守られてきたんだと。

それでいて、自身がいのちそのものであったんだと。

いのちが自身に入り込み、自身がいのちに入り込み。。

自分がいのちを所有しているのではなかった。

自分がいのちそのものだった!。。

***

そのことに気づいた瞬間でした。

そしてその瞬間の直後、
大量に読み漁った本やセミナーの知識が一気にタテヨコに繋がったんです。

ああ。。こういうことだったんだね。知識が腑に落ちた瞬間です。

***

それからは日々が変わりました。

この世では色々起きますが、それも必要な経験の一つなんだと。

そういう風にある意味割り切れるようになったんです。

割り切るというか、それが当然のごとく自然にムリせずしなやかに生きられる。

そんな感じです。

***

なんでこの世に生まれてきたのか。。

この世で「経験」するためです。

いのちそのものには、手足がありません。

なので、肉体を持って、自我をもってこの世を生きてみることでしか出来ない経験があるんです。

いのちはそんな経験をしにこの世に「自分」を顕現させています。

なので、どうせ生きるのなら人生を楽しもう。

なんで生まれてきたかなんて、いくら考えても答えは出ません。

そもそも「経験」することが目的なのだから。

***

ツライ時は、自分がいのちそのものである、ということを想ってみるといいかもしれません。

そして、自分は自分が考えているより、はるかに大きな存在なのだとも。

まさにあなたはいのちそのものであり、大いなる存在なのだと。

そのことを繰り返しお伝えしていきたくて、書いています。

あなたに気づきが訪れますように。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 悟り・真理
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« くつろぎはあなたの本当を見... | トップ | いのちがすべてを経験している »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。