今日も駅前(AKIBAオジン)

ツクバEX開業日から始めた親父居酒屋の放浪記。下町の居酒屋、旅先の地酒・酒蔵・秘湯、森と水の話や、たまには政治談義など。

虎ノ門ヒルズ「イタリアン」で暑気払い

2017年08月12日 | 食事とお酒

 週末の夕方、市ケ谷の仕事先から虎ノ門へ。虎ノ門の勤務先の暑気払いは、虎ノ門ヒルズ2Fのイタリアン「ARBOL(アルボール)」。  以前、ランチで寄ったような寄らないような??  スタートまでは少し時間があるので虎ノ門の老舗酒屋「升本」へ寄り、盆休みにいく地元仲間と行く旅行の酒の買出し。 「獺祭」の四号瓶を仕入れてヒルズのイタリアンへ。

 店はヒルズの2階、広いフリースペースを低い仕切りで区切り開放感を出している。天井の梁にはムク材、天井板は合板たがホールの竹林とマッチしている。店の外のフロアの広さをうまく生かし、洒落た音楽も落ち着いた雰囲気を醸し出す。

 「ARBOL」ではコース料理でやや二名の吞兵衛に合わせて放題つき。コース料理は魚介のカルパッチョから始まり、メインは豚肉に変えて特別注文の牛肉料理コース。吞み放題のメニューは、ワイン(赤白)、ビール(一種)、ハイボール(メニューは白洲だが当日はバーボンのMaker`s mark)、サングリアと選択の余地がなく寂しい。しかし、我儘いってハイボールをロックにして貰い、お酒も結構進んだ。

 メインデッシュは、輸入牛で柔らかい肉の草分けであるアンガス牛。スタッフさんの言によるとTPPで今後は高くなりリーズナブルに手に入りつらくなるという。前日、農産物交渉の日本EU・EPA交渉の説明会に参加した際、長期的には全ての品目の関税撤廃するという。特に、EUからの牛肉輸入量は少量なので影響は少なく即時撤廃のようだ。EUからの輸入牛は安くなるはずだが、セーフティガードでもあるのか? アンガス肉のお味はと言うと、流石に柔らかく旨みがあり美味しい。

 平均年齢の高い暑気払いも無事終了、日本酒が恋しくなり帰り道途上の老舗居酒屋「升本」で二次会。驚いたことに連休前にも関わらず空席が目立つ。スンナリと二階席を確保し、静岡の「純米 臥竜梅」で二度目の乾杯。旨い酒である。

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イマイチの新橋「ふくしまの... | トップ | 「越後湯沢の花火」と日本の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。